電源ボタン短押しでスリープ設定
 記事記号:[ma9184] 初版:2008/Jan/11

 Windows Vista になりスリープ機能が導入されました。これは、Windows XP でいうスタンバイと休止を組み合わせたもので、電源供給障害に対して優れた機能を発揮します。スリープを使用することで通常の起動より早く復帰でき、かつ前回終了時の状態の続きから始められる利点があります。スタート メニューの電源ボタンもスリープ機能が割り当てられています。ここでは電源ボタンを押したときにスリープへ移行する設定の方法を紹介します。

設定方法
 [コントロール パネル] → [モバイル コンピュータ] →

 電源オプション カテゴリの [電源ボタンの動作の変更] →

 電源ボタンを押したときの動作で [スリープ状態 ▼] を選択 → [変更の保存]

記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows Vista SP1
ご利用数: 144134
感想・要望・問い合わせは こちら