建設土木辞典    パソコン メモ     単位換算   [文字サイズ A A A
パソコン メモ > 記事 > ファイルの拡張子を表示する | ホーム | 記事 | ヘルプ |

 ファイルの拡張子を表示する
 記事記号:[kj7c10] 初版:2007/Dec/15

 Windows の標準設定では、ファイルの拡張子を表示しない設定になっています。端末内のファイルを扱う上では支障がありませんが、これではインターネットでダウンロードしたファイルや、メールの添付ファイルがどんな属性のファイルかわかりません。ウイルスが入っているかもしれないのに、確かめようがないということです。ファイルの属性はアイコンから判断することもできますが、往々にしてウイルスの入っているファイルは日ごろ見たことのないアイコンや、アイコンの種類自体を偽装していることがあります。

 これまでファイル名に拡張子をつけて保存したことがないかもしれませんが、パソコン内部では拡張子が付いた状態でファイルが管理されています。以下の手順で設定するだけで拡張子を表示することが可能です。

設定方法
 コンピュータを開く →

 キーボード [Alt] キーを押す →

 追加表示されたメニューの [ツール(T)] → [フォルダ オプション(O)...] →

 表示タブの詳細設定で [登録されている拡張子は表示しない] チェック オフ → [OK]

記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows Vista
(C) 2017 ubweb.info | ご利用条件 | お問い合わせ | ヘルプ |