PowerShell Cmdlet - Unregister-PSSessionConfiguration
 記事記号:[mh1924] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Unregister-PSSessionConfiguration
    
概要
    登録済みのセッション構成をコンピューターから削除します。
    
構文
    Unregister-PSSessionConfiguration [-Name] <string> [-Force] [-NoServiceResta
    rt] [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]
    
説明
    Unregister-PSSessionConfiguration コマンドレットは、登録済みのセッション構成
    をコンピューターから削除します。これは、システム管理者がユーザーの代わりにカ
    スタマイズされたセッション構成を管理するために使用する高度なコマンドレットで
    す。
    
    誤って既定の Microsoft.PowerShell または Microsoft.PowerShell32 セッション構
    成を削除した場合は、Enable-PSRemoting コマンドレットを使用して、セッション構
    成を復元します。

パラメーター
    -Force [<SwitchParameter>]
        ユーザー プロンプトをすべて非表示にし、プロンプトを表示することなく WinR
        M サービスを再起動します。サービスを再起動すると、構成の変更が有効になり
        ます。
        
        再起動せず、再起動プロンプトが表示されないようにするには、NoServiceResta
        rt パラメーターを使用します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Name <string>
        削除するセッション構成の名前を指定します。1 つ以上の構成名を入力します。
        ワイルドカードを使用できます。このパラメーターは必須です。
                                 
        パイプを使用して Unregister-PSSessionConfiguration にセッション構成オブ
        ジェクトを渡すこともできます。
        
        必須                         true
        位置                         1
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   true (ByPropertyName)
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -NoServiceRestart [<SwitchParameter>]
        WinRM サービスを再起動せず、サービスの再起動を確認するメッセージを非表示
        にします。
        
        既定では、Unregister-PSSessionConfiguration コマンドを入力すると、変更を
        適用するために WinRM サービスを再起動するよう求められます。セッション構
        成が Get-PSSessionConfiguration で見つからない場合でも、WinRM サービスを
        再起動せずに未登録のセッション構成を使用できます。
        
        確認メッセージを表示しないで WinRM サービスを再起動するには、Force パラ
        メーターを使用します。WinRM サービスを手動で再起動するには、Restart-Serv
        ice コマンドレットを使用します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Confirm [<SwitchParameter>]
        コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -WhatIf [<SwitchParameter>]
        実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    Microsoft.PowerShell.Commands.PSSessionConfigurationCommands#PSSessionConfig
    uration
        パイプを使用して Get-PSSessionConfiguration から Unregister-PSSessionCon
        figuration にセッション構成オブジェクトを渡すことができます。
    
出力
    None
        このコマンドレットはオブジェクトを返しません。
    
メモ
        Windows Vista、Windows Server 2008、およびそれ以降のバージョンの Windows 
        でこのコマンドレットを実行するには、Windows PowerShell を起動する際に [
        管理者として実行] を指定する必要があります。
    
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>unregister-pssessionconfiguration -name MaintenanceShell
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、MaintenanceShell セッション構成をコンピューターから削除しま
    す。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>unregister-pssessionconfiguration -maintenanceShell -force
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、MaintenanceShell セッション構成をコンピューターから削除しま
    す。このコマンドは、Force パラメーターを使用して、ユーザー メッセージをすべ
    て非表示にして WinRM サービスを再起動します。
    
    -------------------------- 例 3 --------------------------
    
    C:\PS>unregister-pssessionconfiguration -name *
    
    C:\PS> get-pssessionconfiguration -name * | unregister-pssessionconfiguratio
    n
    
    説明
    -----------
    これらのコマンドは、コンピューターのすべてのセッション構成を削除します。これ
    らのコマンドの効果はすべて同じであり、置き換えて使用することもできます。
    
    -------------------------- 例 4 --------------------------
    
    C:\PS>unregister-pssessionconfiguration -name maintenanceShell -noServiceRes
    tart
    
    C:\PS> get-pssessionconfiguration -name maintenanceShell
    
    Get-PSSessionConfiguration -name maintenanceShell : No Session Configuration 
    matches criteria "maintenanceShell".
        + CategoryInfo          : NotSpecified: (:) [Write-Error], WriteErrorExc
                                  eption
        + FullyQualifiedErrorId : Microsoft.PowerShell.Commands.WriteErrorExcept
                                  ion
    
    C:\PS> new-pssession -configurationName MaintenanceShell
    
     Id Name      ComputerName    State    Configuration         Availability
     -- ----      ------------    -----    -------------         ------------
      1 Session1  localhost       Opened   MaintenanceShell      Available
    
    C:\PS> restart-service winrm
    
    C:\PS> new-pssession -configurationName MaintenanceShell
    [localhost] Connecting to remote server failed with the following error mess
    age : The WS-Management service cannot process the request. The resource
    URI (http://schemas.microsoft.com/powershell/MaintenanceShell) was not found 
    in the WS-Management catalog. The catalog contains the metadata that describ
    es resources, or logical endpoints. For more information, see the about_Remo
    te_Troubleshooting Help topic.
        + CategoryInfo          : OpenError: (System.Manageme....RemoteRunspace:
                                  RemoteRunspace) [], PSRemotingTransport
    Exception
        + FullyQualifiedErrorId : PSSessionOpenFailed
    
    説明
    -----------
    この例は、Unregister-PSSessionConfiguration の NoServiceRestart パラメーター
    を使用した結果を示しています。このパラメーターは、コンピューターのセッション
    中断を避けるためにサービスの再起動を防止することを目的としています。
    
    最初のコマンドは Unregister-PSSessionConfiguration コマンドレットを使用して 
    MaintenanceShell セッション構成を削除します。ただし、コマンドで NoServiceRes
    tart パラメーターが使用されているので、WinRM サービスが再起動されておらず、
    変更は完全に有効にはなっていません。
    
    2 番目のコマンドは、Get-PSSessionConfiguration コマンドレットを使用して、Mai
    ntenanceShell セッションを取得します。セッションは WS-Management リソース テ
    ーブルから削除されているので、Get-PSSession はセッションを返すことができませ
    ん。
    
    3 番目のコマンドは、New-PSSession コマンドレットを使用して、MaintenanceShell 
    構成を使用するローカル コンピューターでセッションを作成します。コマンドが成
    功します。
    
    4 番目のコマンドは、Restart-Service コマンドレットを使用して WinRM サービス
    を再開します。
    
    5 番目のコマンドは、New-PSSession コマンドレットを再度使用して、MaintenanceS
    hell 構成を使用するセッションを作成します。MaintenanceShell 構成がコンピュー
    ターから削除されているので、このセッションは失敗します。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144308
    about_Session_Configurations 
    Disable-PSSessionConfiguration 
    Enable-PSSessionConfiguration 
    Get-PSSessionConfiguration 
    Register-PSSessionConfiguration 
    Set-PSSessionConfiguration 
    WS-Management Provider 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Unregister-PSSessionConfiguration
ご利用数: 1973216
感想・要望・問い合わせは こちら