PowerShell Cmdlet - Start-Process
 記事記号:[mh1904] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Start-Process
    
概要
    ローカル コンピューター上の 1 つ以上のプロセスを開始します。
    
構文
    Start-Process [-FilePath] <string> [[-ArgumentList] <string[]>] [-Credential 
    <PSCredential>] [-LoadUserProfile] [-NoNewWindow] [-PassThru] [-RedirectStan
    dardError <string>] [-RedirectStandardInput <string>] [-RedirectStandardOutp
    ut <string>] [-UseNewEnvironment] [-Wait] [-WorkingDirectory <string>] [<Com
    monParameters>]
    
    Start-Process [-FilePath] <string> [[-ArgumentList] <string[]>] [-PassThru] 
    [-Verb <string>] [-Wait] [-WindowStyle {Normal | Hidden | Minimized | Maximi
    zed}] [-WorkingDirectory <string>] [<CommonParameters>]
    
説明
    ローカル コンピューター上の 1 つ以上のプロセスを開始します。プロセスで実行さ
    れるプログラムを指定するには、実行可能ファイルやスクリプト ファイル、または
    コンピューター上のプログラムで開くことができるファイルの名前を入力します。実
    行可能ファイル以外のファイルを指定すると、Start-Process は Invoke-Item コマ
    ンドレットと同様に、ファイルに関連付けられているプログラムを開始します。
    
    Start-Process のパラメーターを使用すると、ユーザー プロファイルの読み込み、
    新しいウィンドウでのプロセスの開始、代替資格情報の使用などのオプションを指定
    できます。
    
パラメーター
    -ArgumentList <string[]>
        プロセスを開始するときに使用するパラメーターまたはパラメーター値を指定し
        ます。パラメーター名 ("Arguments") は省略可能です。
        
        必須                         false
        位置                         2
        既定値                       なし
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Credential <PSCredential>
        この処理を実行するアクセス許可を持つユーザー アカウントを指定します。"Us
        er01" や "Domain01\User01" のようなユーザー名を入力するか、Get-Credentia
        l コマンドレットで生成されるような PSCredential オブジェクトを入力します。
        既定では、コマンドレットは現在のユーザーの資格情報を使用します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       現在のユーザー。
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -FilePath <string>
        プロセスで実行されるプログラムのパス (省略可能) とファイル名を指定します。
        .txt、.doc ファイルなど、コンピューター上のプログラムに関連付けられてい
        る実行可能ファイルまたはドキュメントの名前を入力します。このパラメーター
        は必須です。
        
        ファイル名のみを指定する場合は、WorkingDirectory パラメーターを使用して
        パスを指定します。
        
        必須                         true
        位置                         1
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -LoadUserProfile [<SwitchParameter>]
        現在のユーザーの HKEY_USERS レジストリ キーに格納されている Windows ユー
        ザー プロファイルを読み込みます。既定値は FALSE です。
        
        このパラメーターは Windows PowerShell プロファイルには影響しません。「ab
        out_Profiles」を参照してください。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       False
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -NoNewWindow [<SwitchParameter>]
        新しいウィンドウでプロセスを実行しないようにします。既定では、プロセスは
        新しいウィンドウで実行されます。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       False
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -PassThru [<SwitchParameter>]
        コマンドレットが開始した各プロセスのプロセス オブジェクトを返します。既
        定では、このコマンドレットによる出力はありません。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       False
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -RedirectStandardError <string>
        プロセスによって生成されたエラーを指定したファイルに送信します。パスとフ
        ァイル名を入力します。既定では、エラーはコンソールに表示されます。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       エラーがコンソールに表示されます。
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -RedirectStandardInput <string>
        指定したファイルから入力を読み取ります。入力ファイルのパスとファイル名を
        入力します。既定では、入力はキーボードから取得されます。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       キーボード
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -RedirectStandardOutput <string>
        プロセスによって生成された出力を指定したファイルに送信します。パスとファ
        イル名を入力します。既定では、出力はコンソールに表示されます。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       FALSE
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -UseNewEnvironment [<SwitchParameter>]
        プロセスに指定された新しい環境変数を使用します。既定では、開始されたプロ
        セスはコンピューターとユーザーに指定された環境変数を使用して実行されます。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       False
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Verb <string>
        Edit、Open、Print など、プロセスを開始するときに使用する動詞を指定します。
        
        ファイルの種類ごとに、使用できる一連の動詞があります。プロセスで使用でき
        る動詞を検索するには、オブジェクトの Verbs プロパティを使用します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Wait [<SwitchParameter>]
        指定したプロセスが完了するまで、次の入力を受け取るのを待ちます。このパラ
        メーターはコマンド プロンプトを表示しないか、プロセスが完了するまでウィ
        ンドウをそのまま維持します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       False
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -WindowStyle <ProcessWindowStyle>
        プロセスに使用するウィンドウの状態を指定します。有効な値は、Normal、Hidd
        en、Minimized、および Maximized です。既定値は Normal です。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       Normal
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -WorkingDirectory <string>
        プロセスで実行される実行可能ファイルまたはドキュメントの場所を指定します。
        既定値は現在のディレクトリです。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       現在のディレクトリ
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    なし
        パイプを使用して入力を Start-Process に渡すことはできません。
    
出力
    なし、または System.Diagnostics.Process
        Start-Process で PassThru パラメーターを使用すると、System.Diagnostics.P
        rocess が生成されます。それ以外の場合、このコマンドレットによる戻り値は
        ありません。
    
メモ
        このコマンドレットは、System.Diagnostics.Process クラスの Start メソッド
        を使用することによって実行されます。このメソッドの詳細については、MSDN 
        ライブラリの「Process.Start メソッド」(http://msdn.microsoft.com/ja-jp/
        library/system.diagnostics.process.start(VS.80).aspx) を参照してください。
    
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>start-process sort.exe
    
    説明
    -----------
    このコマンドを実行すると、現在のディレクトリにある Sort.exe ファイルを使用す
    るプロセスが開始されます。このコマンドは、既定のウィンドウ スタイル、作業デ
    ィレクトリ、資格情報など、既定値をすべて使用します。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>start-process myfile.txt -workingdirectory "C:\PS-Test" -verb Print
    
    説明
    -----------
    このコマンドを実行すると、C:\PS-Test\MyFile.txt ファイルを印刷するプロセスが
    開始されます。
    
    -------------------------- 例 3 --------------------------
    
    C:\PS>start-process Sort.exe -RedirectStandardInput Testsort.txt -RedirectSt
    andardOutput Sorted.txt -RedirectStandardError SortError.txt -UseNewEnvironm
    ent
    
    説明
    -----------
    このコマンドを実行すると、Testsort.txt ファイルの項目を並べ替えて、並べ替え
    た項目を Sorted.txt ファイルで返すプロセスが開始されます。エラーがあれば、So
    rtError.txt ファイルに書き込まれます。
    
    UseNewEnvironment パラメーターは、プロセスが独自の環境変数で実行されるように
    指定します。
    
    -------------------------- 例 4 --------------------------
    
    C:\PS>start-process notepad -wait -windowstyle Maximized
    
    説明
    -----------
    このコマンドを実行すると、Notepad プロセスが開始されます。ウィンドウが最大化
    されて、プロセスが完了するまでそのまま維持されます。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135261
    Start-Service 
    Get-Process 
    Stop-Process 
    Wait-Process 
    Debug-Process 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Start-Process
ご利用数: 1859025
感想・要望・問い合わせは こちら