PowerShell Cmdlet - Remove-Computer
 記事記号:[mg1954] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Remove-Computer
    
概要
    ローカル コンピューターをワークグループまたはドメインから削除します。
    
構文
    Remove-Computer [[-Credential] <PSCredential>] [-Force] [-PassThru] [-Confir
    m] [-WhatIf] [<CommonParameters>]
    
説明
    Remove-Computer コマンドレットは、現在のワークグループまたはドメインからロー
    カル コンピューターを削除します。
    
    コンピューターをドメインから削除すると、Remove-Computer によって、コンピュー
    ターのドメイン アカウントも無効になります。
    
    コンピューターがドメインにある場合は、現在のユーザーであっても資格情報を提供
    し、変更を有効にするためにコンピューターを再起動する必要があります。
    
    コマンドの結果を取得するには、Verbose パラメーターと PassThru パラメーターを
    使用します。
    
パラメーター
    -Credential <PSCredential>
        この処理を実行するアクセス許可を持つユーザー アカウントを指定します。既
        定値は現在のユーザーです。
        
        "User01" や "Domain01\User01" のようなユーザー名を入力するか、Get-Creden
        tial コマンドレットで生成されるような PSCredential オブジェクトを入力し
        ます。ユーザー名を入力すると、パスワードの入力を促すメッセージが表示され
        ます。
        
        コンピューターをドメインから削除するには、現在のユーザーの資格情報を使用
        している場合でも Credential パラメーターを使用する必要があります。
        
        必須                         false
        位置                         2
        既定値                       現在のユーザーの資格情報
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Force [<SwitchParameter>]
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -PassThru [<SwitchParameter>]
        コマンドの結果を返します。それ以外の場合、このコマンドレットによる出力は
        ありません。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Confirm [<SwitchParameter>]
        コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -WhatIf [<SwitchParameter>]
        実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    なし
        パイプを使用してこのコマンドレットに入力を渡すことはできません。
    
出力
    Microsoft.PowerShell.Commands.ComputerChangeInfo
        PassThru パラメーターを使用すると、Remove-Computer は ComputerChangeInfo 
        オブジェクトを返します。それ以外の場合、このコマンドレットによる出力はあ
        りません。
    
メモ
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>remove-computer
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、ワークグループからコンピューターを削除します。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>remove-computer -credential domain01\admin01 -passthru -verbose; resta
    rt-computer
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、ローカル コンピューターをその参加先のドメインから削除します。
    
    まず、このコマンドは、ドメインからコンピューターを削除します。このコマンドは、
    Credential パラメーターを使用して、ドメイン管理者の資格情報を提供します。Pass
    Thru パラメーターと Verbose 共通パラメーターを使用してコマンドの成功または失
    敗に関する情報を表示します。
    
    2 番目のコマンドは、削除操作の完了に必要な Restart-Computer コマンドレットを
    使用してコンピューターを再起動します。
    
    2 つのコマンドは、セミコロン (;) で区切ります。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135246
    Add-Computer 
    Checkpoint-Computer 
    Remove-Computer 
    Restart-Computer 
    Restore-Computer 
    Stop-Computer 
    Test-Connection 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Remove-Computer
ご利用数: 1857762
感想・要望・問い合わせは こちら