PowerShell Cmdlet - Out-Default
 記事記号:[mg1939] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Out-Default
    
概要
    既定の書式設定機能および既定の出力コマンドレットに出力を送ります。
    
構文
    Out-Default [-InputObject <psobject>] [<CommonParameters>]
    
説明
    Out-Default コマンドレットは、既定の書式設定機能および既定の出力コマンドレッ
    トに出力を送ります。このコマンドレットは、Windows PowerShell コマンドの書式
    設定および出力に影響しません。ユーザー独自の Out-Default 関数またはコマンド
    レットを作成するためのプレースホルダーです。

パラメーター
    -InputObject <psobject>
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   true (ByValue)
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    
出力
    
メモ
    
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113362
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Out-Default
ご利用数: 1971773
感想・要望・問い合わせは こちら