PowerShell Cmdlet - New-Service
 記事記号:[mg1933] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    New-Service
    
概要
    新しい Windows サービスを作成します。
    
構文
    New-Service [-Name] <string> [-BinaryPathName] <string> [-Credential <PSCred
    ential>] [-DependsOn <string[]>] [-Description <string>] [-DisplayName <stri
    ng>] [-StartupType {Automatic | Manual | Disabled}] [-Confirm] [-WhatIf] [<C
    ommonParameters>]
    
説明
    New-Service コマンドレットは、レジストリとサービス データベース中に、Windows 
    サービスの新しいエントリを作成します。新しいサービスにはサービス中に実行する
    実行可能ファイルが必要です。
    
    このコマンドレットのパラメーターを使用すると、サービスの表示名、説明、スター
    トアップの種類と依存関係を設定できます。

パラメーター
    -BinaryPathName <string>
        サービスの実行可能ファイルのパスを指定します。このパラメーターは必須です。
        
        必須                         true
        位置                         2
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Credential <PSCredential>
        この処理を実行するアクセス許可を持つユーザー アカウントを指定します。"Us
        er01" や "Domain01\User01" などユーザー名を入力します。または、Get-Crede
        ntial コマンドレットで返されるような PSCredential オブジェクトを入力しま
        す。ユーザー名を入力すると、パスワードの入力を促すメッセージが表示されま
        す。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -DependsOn <string[]>
        新しいサービスが依存する他のサービスの名前を指定します。複数のサービス名
        を入力するには、コンマを使用して名前を区切ります。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       なし
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Description <string>
        サービスの説明を指定します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -DisplayName <string>
        サービスの表示名を指定します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Name <string>
        サービスの名前を指定します。このパラメーターは必須です。
        
        必須                         true
        位置                         1
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -StartupType <ServiceStartMode>
        サービスのスタートアップの種類を設定します。"Automatic" が既定です。
        
        有効な値は次のとおりです。
        
        -- Manual: サービスは、ユーザー (Service Control Manager を使用) または
           アプリケーションによって手動でのみ開始されます。
        
        -- Automatic: サービスは、システムの起動時にオペレーティング システムに
           よって開始されます (または開始されていました)。自動開始サービスが手動
           開始サービスに依存する場合は、手動開始サービスもシステム起動時に自動
           的に開始されます。
        
        -- Disabled: サービスは無効で、ユーザーまたはアプリケーションによって開
           始することはできません。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       Automatic
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Confirm [<SwitchParameter>]
        コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -WhatIf [<SwitchParameter>]
        実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    なし
        パイプを使用してこのコマンドレットに入力を渡すことはできません。
    
出力
    System.ServiceProcess.ServiceController
        New-Service は、新しいサービスを表すオブジェクトを返します。
    
メモ
        Windows Vista 以降のバージョンの Windows でこのコマンドレットを実行する
        には、Windows PowerShell を開く際に [管理者として実行] を指定する必要が
        あります。
    
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>new-service -name TestService -binaryPathName "C:\WINDOWS\System32\svc
    host.exe -k netsvcs"
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、"TestService" という名前の新しいサービスを作成します。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>new-service -name TestService -path "C:\WINDOWS\System32\svchost.exe -
    k netsvcs" -dependson NetLogon -displayName "Test Service" -StartupType Manu
    al -Description "This is a test service."
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、"TestService" という名前の新しいサービスを作成します。New-Se
    rvice コマンドレットのパラメーターを使用して、新しいサービスの説明、スタート
    アップの種類、および表示名を指定します。
    
    BinaryPathName パラメーターを指定するには、Path パラメーター エイリアスを使
    用します。"-bpn" を使用することもできます。
    
    -------------------------- 例 3 --------------------------
    
    C:\PS>get-wmiobject win32_service -filter "name='testservice'"
    
    ExitCode  : 0
    Name      : testservice
    ProcessId : 0
    StartMode : Auto
    State     : Stopped
    Status    : OK
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、Get-WmiObject コマンドレットを使用して、新しいサービスの Win
    32_Service オブジェクトを取得します。このオブジェクトには開始モードとサービス
    の説明が含まれています。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113359
    Get-Service 
    Start-Service 
    Stop-Service 
    Restart-Service 
    Resume-Service 
    Set-Service 
    Suspend-Service 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、New-Service
ご利用数: 1919671
感想・要望・問い合わせは こちら