PowerShell Cmdlet - Import-Clixml
 記事記号:[mg1904] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Import-Clixml
    
概要
    CLIXML ファイルをインポートし、対応するオブジェクトを Windows PowerShell 内
    に作成します。
    
構文
    Import-Clixml [-Path] <string[]> [<CommonParameters>]
        
説明
    Import-Clixml コマンドレットは、Microsoft .NET Framework オブジェクトを表すデ
    ータを含む CLIXML ファイルをインポートし、Windows PowerShell にオブジェクトを
    作成します。
    
パラメーター
    -Path <string[]>
        Windows PowerShell オブジェクトに変換する XML ファイルの場所を指定します。
        
        必須                         true
        位置                         1
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   true (ByValue, ByPropertyName)
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    System.String
        パイプを使用してパスを含む文字列を Import-Clixml に渡すことができます。
    
出力
    PSObject
        Import-Clixml は、保存されていた XML ファイルから逆シリアル化されたオブジ
        ェクトを返します。
    
メモ
        パラメーターとして複数の値を指定する場合は、各値をコンマで区切ります。た
        とえば、"<パラメーター名> <値 1>, <値 2>" のように指定します。
    
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>get-process | export-clixml pi.xml
    
    C:\PS> $processes = import-clixml pi.xml
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、Get-Process から返されたプロセス情報をシリアル化して保存する
    ために Export-Clixml コマンドレットを使用しています。次に、Import-Clixml を使
    用して、シリアル化されたファイルの内容を取得し、$processes 変数に保存されてい
    るオブジェクトを作成し直します。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113340
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Import-Clixml
ご利用数: 1971798
感想・要望・問い合わせは こちら