PowerShell Cmdlet - Get-Transaction
 記事記号:[mf1993] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Get-Transaction
    
概要
    現在の (アクティブ) トランザクションを取得します。
    
構文
    Get-Transaction [<CommonParameters>]
    
説明
    Get-Transaction コマンドレットは、セッションで現在のトランザクションを表すオ
    ブジェクトを取得します。
    
    アクティブなトランザクションは一度に 1 つしかないので、このコマンドレットは
    複数のオブジェクトを返すことはありません。1 つまたは複数の個別のトランザクシ
    ョンを開始した場合 (Start-Transaction の Independent パラメーターを使用)、最
    近開始したトランザクションがアクティブです。Get-Transaction で返されるのはこ
    のトランザクションです。
    
    アクティブなすべてのトランザクションがロールバックまたはコミットされると、Ge
    t-Transaction はセッションで最近アクティブであったトランザクションを表示しま
    す。
    
    Get-Transaction コマンドレットは、Windows PowerShell のトランザクション機能を
    サポートする一連のコマンドレットの 1 つです。詳細については、「about_Transact
    ions」を参照してください。
    
パラメーター
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    なし
        パイプを使用してこのコマンドレットにオブジェクトを渡すことはできません。
    
出力
    System.Management.Automation.PSTransaction
        Get-Transaction は、現在のトランザクションを表すオブジェクトを返します。
    
メモ
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>start-transaction
    
    C:\PS> get-transaction 
    
    RollbackPreference   SubscriberCount   Status
    ------------------   ---------------   ------
    Error                1                 Active
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、Get-Transaction コマンドレットを使用して現在のトランザクショ
    ンを取得します。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>get-transaction | get-member
    
    Name               MemberType Definition
    ----               ---------- ----------
    Dispose            Method     System.Void Dispose(), System.Void Dispose(Boo
                                  lean disposing)
    Equals             Method     System.Boolean Equals(Object obj)
    GetHashCode        Method     System.Int32 GetHashCode()
    GetType            Method     System.Type GetType()
    ToString           Method     System.String ToString()
    IsCommitted        Property   System.Boolean IsCommitted {get;}
    IsRolledBack       Property   System.Boolean IsRolledBack {get;}
    RollbackPreference Property   System.Management.Automation.RollbackSeverity 
                                  RollbackPreference {get;}
    SubscriberCount    Property   System.Int32 SubscriberCount {get;set;}
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、Get-Member コマンドレットを使用してトランザクション オブジェ
    クトのプロパティとメソッドを表示します。
    
    -------------------------- 例 3 --------------------------
    
    C:\PS>cd hklm:\software
    HKLM:\SOFTWARE> Start-Transaction
    HKLM:\SOFTWARE> New-Item MyCompany -UseTransaction
    HKLM:\SOFTWARE> Undo-Transaction
    HKLM:\SOFTWARE> Get-Transaction
    
    RollbackPreference   SubscriberCount   Status
    ------------------   ---------------   ----------
    Error                0                 RolledBack
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、ロールバックしたトランザクションのトランザクション オブジェ
    クトのプロパティ値を表示します。
    
    -------------------------- 例 4 --------------------------
    
    C:\PS>cd hklm:\software
    HKLM:\SOFTWARE> Start-Transaction
    HKLM:\SOFTWARE> New-Item MyCompany -UseTransaction
    HKLM:\SOFTWARE> Complete-Transaction
    HKLM:\SOFTWARE> Get-Transaction
    
    RollbackPreference   SubscriberCount   Status
    ------------------   ---------------   ---------
    Error                1                 Committed
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、コミットしたトランザクションのトランザクション オブジェクト
    のプロパティ値を表示します。
    
    -------------------------- 例 5 --------------------------
    
    C:\PS>cd hklm:\software
    HKLM:\SOFTWARE> Start-Transaction
    HKLM:\SOFTWARE> New-Item MyCompany -UseTransaction
    
    HKLM:\SOFTWARE> Start-Transaction
    HKLM:\SOFTWARE> New-Item MyCompany2 -UseTransaction
    
    HKLM:\SOFTWARE> Get-Transaction
    
    RollbackPreference   SubscriberCount   Status
    ------------------   ---------------   ------
    Error                2                 Active
    
    HKLM:\SOFTWARE> Complete-Transaction
    HKLM:\SOFTWARE> Get-Transaction
    
    RollbackPreference   SubscriberCount   Status
    ------------------   ---------------   ------
    Error                1                 Active
    
    
    HKLM:\SOFTWARE> Complete-Transaction
    HKLM:\SOFTWARE> Get-Transaction
    
    RollbackPreference   SubscriberCount   Status
    ------------------   ---------------   ---------
    Error                1                 Committed
    
    説明
    -----------
    この例は、別のトランザクションが進行しているときにトランザクションを開始した
    ときのトランザクション オブジェクトにおける影響を示します。通常、これはトラ
    ンザクションを実行するスクリプトが関数を含む場合、または別の完全なトランザク
    ションを含むスクリプトを呼び出す場合に発生します。
    
    2 番目の Start-Transaction コマンドに Independent パラメーターが含まれない限
    り、Start-Transaction は新しいトランザクションを作成しません。代わりに、元の
    トランザクションに第 2 のサブスクライバーが追加されます。
    
    最初の Start-Transaction コマンドを実行すると、トランザクションが開始されま
    す。UseTransaction パラメーターを使用する New-Item コマンドはトランザクショ
    ンの一部です。
    
    2 番目の Start-Transaction コマンドを実行すると、トランザクションにサブスク
    ライバーが追加されます。その次の New-Item コマンドもトランザクションの一部で
    す。
    
    最初の Get-Transaction コマンドは、マルチサブスクライバー トランザクションを
    示します。サブスクライバーの数が 2 であることに注意してください。
    
    最初の Complete-Transaction コマンドはトランザクションをコミットしませんが、
    サブスクライバーの数を 1 に減らします。
    
    2 番目の Complete-Transaction コマンドはトランザクションをコミットします。
    
    -------------------------- 例 6 --------------------------
    
    C:\PS>HKLM:\SOFTWARE> Start-Transaction
    
    HKLM:\SOFTWARE> Get-Transaction
    
    RollbackPreference   SubscriberCount   IsRolledBack   IsCommitted
    ------------------   ---------------   ------------   -----------
    Error                1                 False          False
    
    HKLM:\SOFTWARE> Start-Transaction -Independent
    HKLM:\SOFTWARE> Get-Transaction
    
    RollbackPreference   SubscriberCount   IsRolledBack   IsCommitted
    ------------------   ---------------   ------------   -----------
    Error                1                 False          False
    
    HKLM:\SOFTWARE> Complete-Transaction
    HKLM:\SOFTWARE> Get-Transaction
    
    HKLM:\SOFTWARE> Complete-Transaction
    HKLM:\SOFTWARE> Get-Transaction
    
    説明
    -----------
    この例は、別のトランザクションが進行しているときに単独のトランザクションを開
    始したときのトランザクション オブジェクトにおける影響を示します。
    
    最初の Start-Transaction コマンドを実行すると、トランザクションが開始されます。
    UseTransaction パラメーターを使用する New-Item コマンドはトランザクションの一
    部です。
    
    2 番目の Start-Transaction コマンドを実行すると、トランザクションにサブスクラ
    イバーが追加されます。その次の New-Item コマンドもトランザクションの一部です。
    
    最初の Get-Transaction コマンドは、マルチサブスクライバー トランザクションを
    示します。サブスクライバーの数が 2 であることに注意してください。
    
    Complete-Transaction コマンドはサブスクライバーの数を 1 に減らしますが、トラ
    ンザクションはコミットしません。
    
    2 番目の Complete-Transaction コマンドはトランザクションをコミットします。

関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135220
    about_Transactions 
    about_Providers 
    Start-Transaction 
    Complete-Transaction 
    Undo-Transaction 
    Use-Transaction 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Get-Transaction
ご利用数: 1918647
感想・要望・問い合わせは こちら