PowerShell Cmdlet - Get-PSSessionConfiguration
 記事記号:[mf1988] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Get-PSSessionConfiguration
    
概要
    コンピューターに登録されたセッション構成を取得します。
    
構文
    Get-PSSessionConfiguration [[-Name] <string[]>] [<CommonParameters>]
        
説明
    Get-PSSessionConfiguration コマンドレットは、ローカル コンピューターに登録さ
    れたセッション構成を取得します。これは、システム管理者がユーザーの代わりにカ
    スタマイズされたセッション構成を管理するために使用する高度なコマンドレットで
    す。
    
    セッション構成を作成して登録するには、Register-PSSessionConfiguration コマン
    ドレットを使用します。
    
パラメーター
    -Name <string[]>
        指定された名前または名前パターンのセッション構成のみを取得します。1 つま
        たは複数のセッション構成名を入力します。ワイルドカードを使用できます。
        
        必須                         false
        位置                         1
        既定値                       ローカル コンピューターに保存されているすべ
                                     てのセッション構成
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する true
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    None
        パイプを使用してこのコマンドレットに入力を渡すことはできません。
    
出力
    Microsoft.PowerShell.Commands.PSSessionConfigurationCommands#PSSessionConfi
    guration
    
メモ
        Windows Vista、Windows Server 2008、およびそれ以降のバージョンの Window
        s でこのコマンドレットを実行するには、[管理者として実行] オプションで W
        indows PowerShell を開く必要があります。
        
        コンピューターでセッション構成を表示するには、そのコンピューターの管理者
        グループのメンバーであることが必要です。
        
        リモート コンピューターで Get-PSSessionConfiguration コマンドを実行する
        には、ローカル コンピューターのクライアント設定とリモート コンピューター
        のサービス設定で Credential Security Service Provider (CredSSP) 認証を有
        効にし (ローカルには Enable-WSManCredSSP コマンドレットを使用)、リモート 
        セッションを確立するときに Authentication パラメーターの CredSSP 値を使
        用する必要があります。この値を使用しないと、アクセスが拒否されます。
    
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>get-pssessionconfiguration
    
    説明
    -----------
    このコマンドはコンピューターのセッション構成を取得します。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>get-pssessionconfiguration -name Microsoft*
    
    Name                    PSVersion  StartupScript  Permission
    ----                    ---------  -------------  ----------
    microsoft.powershell    2.0                       BUILTIN\Administrators Acc
                                                      essAll...
    microsoft.powershell32  2.0                       BUILTIN\Administrators Acc
                                                      essAll...
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、Get-PSSessionConfiguration の Name パラメーターを使用して、"
    Microsoft" で始まる名前のセッション構成のみを取得します。
    
    このコマンドは、Windows PowerShell に付属する既定のセッション構成 2 つを取得
    します。
    
    -------------------------- 例 3 --------------------------
    
    C:\PS>Get-PSSessionConfiguration -name microsoft.powershell | get-member
    
       TypeName: Microsoft.PowerShell.Commands.PSSessionConfigurationCommands#PS
       SessionConfiguration
    
    Name                   MemberType     Definition
    ----                   ----------     ----------
    Equals                 Method         bool Equals(System.Object obj)
    GetHashCode            Method         int GetHashCode()
    GetType                Method         type GetType()
    ToString               Method         string ToString()
    Capability             NoteProperty   System.Object[] Capability=System.Obje
                                          ct[]
    ExactMatch             NoteProperty   System.String ExactMatch=False
    Filename               NoteProperty   System.String Filename=%windir%\system
                                          32\pwrshplugin.dll
    lang                   NoteProperty   System.String lang=en-US
    Name                   NoteProperty   System.String Name=microsoft.powershel
                                          l
    PSVersion              NoteProperty   System.String PSVersion=2.0
    ResourceUri            NoteProperty   System.String ResourceUri=http://schem
                                          as.microsoft.com/powershell/microsoft.
                                          powershell
    SDKVersion             NoteProperty   System.String SDKVersion=1
    SecurityDescriptorSddl NoteProperty   System.String SecurityDescriptorSddl=O
                                          :NSG:BAD:P(A;;GA;;;BA)S:P(AU;FA;GA;;;W
                                          D)(AU;SA;GXGW;;;WD)
    SupportsOptions        NoteProperty   System.String SupportsOptions=true
    Uri                    NoteProperty   System.String Uri=http://schemas.micro
                                          soft.com/powershell/microsoft.powershe
                                          ll
    xmlns                  NoteProperty   System.String xmlns=http://schemas.mic
                                          rosoft.com/wbem/wsman/1/config/PluginC
                                          onfiguration
    XmlRenderingType       NoteProperty   System.String XmlRenderingType=text
    Permission             ScriptProperty System.Object Permission {get=trap { c
                                          ontinue; }...
    
    C:\PS> Get-PSSessionConfiguration -name microsoft.powershell | format-list -
    property *
    
    Name                   : microsoft.powershell
    Filename               : %windir%\system32\pwrshplugin.dll
    SDKVersion             : 1
    XmlRenderingType       : text
    lang                   : en-US
    PSVersion              : 2.0
    ResourceUri            : http://schemas.microsoft.com/powershell/microsoft.p
                             owershell
    SupportsOptions        : true
    Capability             : {Shell}
    Uri                    : http://schemas.microsoft.com/powershell/microsoft.p
                             owershell
    SecurityDescriptorSddl : O:NSG:BAD:P(A;;GA;;;BA)S:P(AU;FA;GA;;;WD)(AU;SA;GXG
                             W;;;WD)
    ExactMatch             : False
    xmlns                  : http://schemas.microsoft.com/wbem/wsman/1/config/Pl
                             uginConfiguration
    Permission             : BUILTIN\Administrators AccessAllowed
    
    説明
    -----------
    これらのコマンドは、Get-PSSessionConfiguration が返す PSSessionConfiguration 
    オブジェクトを調べます。
    
    最初のコマンドは、Get-PSSessionConfiguration コマンドレットを使用して Micros
    oft.PowerShell の既定の構成を取得します。
    
    2 番目のコマンドは、パイプライン演算子 (|) を使用して、Get-PSSessionConfigur
    ation が返すオブジェクトを Get-Member コマンドレットに送ります。出力はオブジ
    ェクトのプロパティとメソッドを表示します。
    
    3 番目のコマンドは同じオブジェクトを Format-List コマンドレットに送ります。
    値が * (all) の Property パラメーターは、リスト内のオブジェクトのすべてのプ
    ロパティとプロパティの値を表示するように Format-List に命令します。
    
    このコマンドの出力には、構成の種類を実装する .dll の場所、作成されるエンドポ
    イントのリソース Uniform Resource Identifier (URI)、構成のセキュリティ記述子
    定義原語 (SDDL) などの有用な情報が含まれています。
    
    -------------------------- 例 4 --------------------------
    
    C:\PS>dir wsman:\localhost\plugin
    
       WSManConfig: Microsoft.WSMan.Management\WSMan::localhost\Plugin
    
    Name                      Type                 Keys
    ----                      ----                 ----
    Event Forwarding Plugin   Container            {Name=Event Forwarding Plugin}
    MaintenanceShell          Container            {Name=MaintenanceShell}
    microsoft.powershell      Container            {Name=microsoft.powershell}
    microsoft.powershell32    Container            {Name=microsoft.powershell32}
    WMI Provider              Container            {Name=WMI Provider}
    
    説明
    -----------
    WSMan: provider ドライブで Get-ChildItem コマンドレット (alias = dir) を使用
    して Plugin ノードの内容を確認します。
    
    これは、コンピューター上のセッション構成を確認するもう 1 つの方法です。
    
    PlugIn ノードには、登録されている Windows PowerShell セッション構成および WS
    -Management の他のプラグインを表す ContainerElement オブジェクト (Microsoft.
    WSMan.Management.WSManConfigContainerElement) が含まれています。
    
    -------------------------- 例 5 --------------------------
    
    C:\PS>enable-wsmanCredSSP -delegate server02
    
    C:\PS> connect-wsman server02
    
    C:\PS> set-item wsman:\server02*\service\auth\credSSP -value $true
    
    C:\PS> invoke-command -scriptblock {Get-PSSessionConfiguration} -computernam
    e Server02 -authentication CredSSP -credential Domain01\Admin01 
    
    Name          PSVersion  StartupScript  Permission          PSComputerName
    ----          ---------  -------------  ----------          --------------
    microsoft.    2.0                       BUILTIN\Administr   server02.corp.fa
    powershell                              ators AccessAll...  brikam.com
    microsoft.    2.0                       BUILTIN\Administr   server02.corp.fa
    powershell32                            ators AccessAll...  brikam.com
    MyX86Shell    2.0        c:\test\x86Sh  BUILTIN\Administr   server02.corp.fa
                             ell.ps1        ators AccessAll...  brikam.com

    説明
    -----------
    この例は、リモート コンピューターで Get-PSSessionConfiguration コマンドを実
    行する方法を示しています。このコマンドを使用するには、ローカル コンピュータ
    ーのクライアント設定とリモート コンピューターのサービス設定で CredSSP 委任を
    有効にする必要があります。この例のコマンドを実行するには、ローカル コンピュ
    ーターとリモート コンピューターで Administrators グループのメンバーであるこ
    とが必要です。
    
    最初のコマンドは、Enable-WSManCredSSP コマンドレットを使用して Server01 ロー
    カル コンピューターから Server02 リモート コンピューターへの CredSSP 委任を
    有効にします。これによってローカル コンピューターに CredSSP クライアント設定
    が構成されます。
    
    2 番目のコマンドは、Connect-WSMan コマンドレットを使用して Server02 コンピュ
    ーターに接続します。この操作によって Server02 コンピューターのノードがローカ
    ル コンピューターの WSMan: ドライブに追加されるので、Server02 コンピューター
    で WS-Management の設定の表示と変更が可能になります。
    
    3 番目のコマンドは、Set-Item コマンドレットを使用して Server02 コンピュータ
    ーの Service ノードの CredSSP 項目の値を True に変更します。これによってリモ
    ート コンピューターのサービス設定が構成されます。
    
    4 番目のコマンドは、Invoke-Command コマンドレットを使用して Server02 コンピ
    ューターで Get-PSSessionConfiguration コマンドを実行します。このコマンドは C
    redential パラメーターを使用し、CredSSP という値と共に Authentication パラメ
    ーターを使用します。
    
    -------------------------- 例 6 --------------------------
    
    C:\PS>(get-PSSessionConfiguration -name CustomShell).resourceURI
    
    http://schemas.microsoft.com/powershell/microsoft.CustomShell
    
    説明
    -----------
    このコマンドは Get-PSSessionConfiguration コマンドレットを使用して、セッショ
    ン構成のリソース URI を取得します。
    
    このコマンドは、リソース URI を使用する $PSSessionConfigurationName 設定変数
    の値を指定するときに有用です。
    
    $PSSessionConfiguationName 設定変数は、セッションを作成するときに使用される
    既定の構成を指定します。この変数はローカル コンピューターで設定されますが、
    リモート コンピューターの構成を指定します。$PSSessionConfiguration 数の詳細
    については、「about_Preference_Variables」を参照してください。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144304
    about_Session_Configurations 
    Disable-PSSessionConfiguration 
    Enable-PSSessionConfiguration 
    Register-PSSessionConfiguration 
    Set-PSSessionConfiguration 
    Unregister-PSSessionConfiguration 
    WS-Management Provider 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Get-PSSessionConfiguration
ご利用数: 1858250
感想・要望・問い合わせは こちら