PowerShell Cmdlet - Get-PSProvider
 記事記号:[mf1986] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Get-PSProvider
    
概要
    指定した Windows PowerShell プロバイダーに関する情報を取得します。
    
構文
    Get-PSProvider [[-PSProvider] <string[]>] [<CommonParameters>]
    
説明
    Get-PSProvider コマンドレットは、現在のセッションの Windows PowerShell プロ
    バイダーを取得します。セッション内の特定のドライブを取得することも、すべての
    ドライブを取得することもできます。
    
    Windows PowerShell プロバイダーを使用すると、さまざまなデータ ストアにファイ
    ル システム ドライブと同様にアクセスできます。Windows PowerShell プロバイダ
    ーの詳細については、「about_Providers」を参照してください。
    
パラメーター
    -PSProvider <string[]>
        情報を取得する Windows PowerShell プロバイダーの名前を指定します。
        
        必須                         false
        位置                         1
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   true (ByPropertyName)
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    なし
        パイプを使用してこのコマンドレットにオブジェクトを渡すことはできません。
    
出力
    System.Management.Automation.ProviderInfo
        Get-PSProvider は、セッション内の Windows PowerShell プロバイダーを表す
        オブジェクトを返します。
    
メモ
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>get-psprovider
    
    説明
    -----------
    このコマンドを実行すると、利用可能なすべての Windows PowerShell プロバイダー
    の一覧が表示されます。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>get-psprovider f*, r* | format-list
    
    説明
    -----------
    このコマンドを実行すると、名前が "f" または "r" で始まるすべての Windows Pow
    erShell プロバイダーが表示されます。
    
    -------------------------- 例 3 --------------------------
    
    C:\PS>get-psprovider | format-table name, module, pssnapin -auto
    
    Name        Module       PSSnapIn
    ----        ------       --------
    Test        TestModule
    WSMan                    Microsoft.WSMan.Management
    Alias                    Microsoft.PowerShell.Core
    Environment              Microsoft.PowerShell.Core
    FileSystem               Microsoft.PowerShell.Core
    Function                 Microsoft.PowerShell.Core
    Registry                 Microsoft.PowerShell.Core
    Variable                 Microsoft.PowerShell.Core
    Certificate              Microsoft.PowerShell.Security
    
    C:\PS> get-psprovider | where {$_.pssnapin -eq "Microsoft.PowerShell.Securit
    y"}
    
    Name            Capabilities      Drives
    ----            ------------      ------
    Certificate     ShouldProcess     {cert}
    
    説明
    -----------
    これらのコマンドは、セッションにプロバイダーを追加した Windows PowerShell ス
    ナップインまたはモジュールを見つけます。プロバイダーを含むすべての Windows P
    owerShell 要素は、スナップインまたはモジュールから取得されます。
    
    これらのコマンドは、Get-PSProvider によって返された ProviderInfo オブジェク
    トの PSSnapin プロパティおよび Module プロパティを使用します。これらのプロパ
    ティの値には、プロバイダーを追加するスナップインまたはモジュールの名前が含ま
    れます。
    
    最初のコマンドは、セッションのすべてのプロバイダーを取得し、Name、Module、お
    よび PSSnapin プロパティの値を含め、表形式に書式設定します。
    
    2 番目のコマンドは、Where-Object コマンドレットを使用し、Microsoft.PowerShel
    l.Security スナップインからのプロバイダーを取得します。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113329
    about_Providers 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Get-PSProvider
ご利用数: 1858258
感想・要望・問い合わせは こちら