PowerShell Cmdlet - Get-HotFix
 記事記号:[mf1974] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Get-HotFix
    
概要
    ローカル コンピューターおよびリモート コンピューターに適用された修正プログラ
    ムを取得します。
    
構文
    Get-HotFix [[-Id] <string[]>] [-ComputerName <string[]>] [-Credential <PSCre
    dential>] [<CommonParameters>]
    
    Get-HotFix [-Description <string[]>] [-ComputerName <string[]>] [-Credential 
    <PSCredential>] [<CommonParameters>]
    
説明
    Get-Hotfix コマンドレットは、コンポーネント ベースのサービスによってローカル 
    コンピューターまたはリモート コンピューターに適用された修正プログラムを取得
    します。
    
パラメーター
    -ComputerName <string[]>
        リモート コンピューターを指定します。既定値はローカル コンピューターです。
        
        リモート コンピューターの NetBIOS 名、インターネット プロトコル (IP) アド
        レス、または完全修飾ドメイン名を入力します。
        
        このパラメーターは、Windows PowerShell リモート処理に依存しません。コン
        ピューターがリモート コマンドを実行するように構成されていない場合でも、G
        et-Hotfix の ComputerName パラメーターを使用できます。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       ローカル コンピューター
        パイプライン入力を許可する   true (ByPropertyName)
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Credential <PSCredential>
        この処理を実行するアクセス許可を持つユーザー アカウントを指定します。既
        定値は現在のユーザーです。
        
        "User01" や "Domain01\User01" のようなユーザー名を入力するか、Get-Creden
        tial コマンドレットで生成されるような PSCredential オブジェクトを入力し
        ます。ユーザー名を入力すると、パスワードの入力を促すメッセージが表示され
        ます。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       現在のユーザー
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Description <string[]>
        指定された説明を持つ修正プログラムのみを取得します。ワイルドカードを使用
        できます。既定値は、コンピューター上のすべての修正プログラムです。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       すべての修正プログラム
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する true
        
    -Id <string[]>
        指定された修正プログラム ID を持つ修正プログラムのみを取得します。既定値
        は、コンピューター上のすべての修正プログラムです。
        
        必須                         false
        位置                         1
        既定値                       すべての修正プログラム
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    なし
        パイプを使用して入力を Get-HotFix に渡すことはできません。
    
出力
    System.Management.ManagementObject#root\CIMV2\Win32_QuickFixEngineering
        Get-Hotfix は、コンピューター上の修正プログラムを表すオブジェクトを返し
        ます。
    
メモ
        このコマンドレットは、システム全体を対象とした、オペレーティング システ
        ムのサイズの小さい更新プログラムを表す Win32_QuickFixEngineering WMI ク
        ラスを使用します。Windows Vista を始めとして、このクラスはコンポーネント 
        ベースのサービス (CBS) によって提供される更新プログラムのみを返します。
        これには、Microsoft Windows インストーラー (MSI) または Windows Update 
        サイトで提供される更新プログラムは含まれません。詳細については、Microsof
        t .NET Framework SDK の「Win32_QuickFixEngineering Class (Win32_QuickFix
        Engineering クラス)」(http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=145071) を
        参照してください。
        
        このコマンドレットの出力は、オペレーティング システムにより異なる場合が 
        あります。
        
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>get-hotfix
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、ローカル コンピューター上のすべての修正プログラムを取得しま
    す。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>get-hotfix -description Security* -computername Server01, Server02 -cr
    ed Server01\admin01
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、Server01 コンピューターと Server02 コンピューター上の修正プロ
    グラムのうち、説明が "Security" で始まっているものをすべて取得します。
    
    -------------------------- 例 3 --------------------------
    
    C:\PS>$a = get-content servers.txt
    
    C:\PS> $a | foreach { if (!(get-hotfix -id KB957095 -computername $_)) { add
    -content $_ -path Missing-kb953631.txt }}
    
    説明
    -----------
    この例のコマンドは、セキュリティ更新プログラムのないコンピューターの名前を一
    覧に示したテキスト ファイルを作成します。
    
    このコマンドは、Get-Hotfix コマンドレットを使用して、名前が Servers.txt ファ
    イルに示されたすべてのコンピューター上の KB957095 セキュリティ更新プログラム
    を取得します。
    
    コンピューターに更新プログラムがない場合は、Add-Content コマンドレットにより
    コンピューター名が Missing-KB953631.txt ファイルに書き込まれます。

        -------------------------- 例 4 --------------------------
    
    C:\PS>(get-hotfix | sort installedon)[-1]
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、コンピューター上の最新の修正プログラムを取得します。
    
    修正プログラムを取得し、InstalledOn プロパティの値でそれらを並べ替えてから、
    配列表記を使用して配列内の最後の項目を選択します。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135217
    Get-ComputerRestorePoint 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Get-HotFix
ご利用数: 1859062
感想・要望・問い合わせは こちら