PowerShell Cmdlet - Get-FormatData
 記事記号:[mf1970] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Get-FormatData
    
概要
    現在のセッションの書式設定データを取得します。
    
構文
    Get-FormatData [[-TypeName] <string[]>] [<CommonParameters>]
        
説明
    Get-FormatData コマンドレットは、現在のセッションの書式設定データを取得しま
    す。
    
    セッションの書式設定データには、$pshome ディレクトリなどに格納されている For
    mat.ps1xml 書式設定ファイル内の書式設定データ、セッションにインポートしたモ
    ジュールの書式設定データ、Import-PSSession コマンドレットを使用してセッショ
    ンにインポートしたコマンドの書式設定データなどがあります。
    
    このコマンドレットを使用して、書式設定データを調べることができます。さらに、
    Export-FormatData コマンドレットを使用することで、オブジェクトをシリアル化 (
    XML に変換) し、Format.ps1xml ファイルに保存することができます。
    
    Windows PowerShell の書式設定ファイルの詳細については、「about_Format.ps1xml
    」を参照してください。
    
パラメーター
    -TypeName <string[]>
        指定された型名の書式設定データのみを取得します。型の名前を入力します。ワ
        イルドカードを使用できます。
        
        必須                         false
        位置                         1
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する true
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    なし
        パイプを使用してこのコマンドレットに入力を渡すことはできません。
    
出力
    System.Management.Automation.ExtendedTypeDefinition
    
メモ
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>get-formatdata
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、セッションの書式設定データをすべて取得します。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>get-formatdata -typename Microsoft.Wsman*
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、名前が "Microsoft.Wsman" で始まる書式設定データ項目を取得し
    ます。

    -------------------------- 例 3 --------------------------
    
    C:\PS>$f = get-formatdata -typename helpinfoshort
    
    C:\PS> $f 
    
    TypeName        FormatViewDefinition
    --------        --------------------
    HelpInfoShort   {help , TableControl}
    
    C:\PS> $f.FormatViewDefinition[0].control
    
    Headers                                 Rows
    -------                                 ----
    {System.Management.Automation.TableCont {System.Management.Automation.TableC
    rolColumnHeader, System.Manageme...     ontrolRow}
    
    C:\PS> $f.FormatViewDefinition[0].control.headers
    
    Label         Alignment      Width
    -----         ---------      -----
    Name          Left           33
    Category      Left           9
                  Undefined      0
    
    説明
    -----------
    この例は、書式設定データ オブジェクトを取得し、そのプロパティを調べる方法を
    示しています。
    
    -------------------------- 例 4 --------------------------
    
    C:\PS>$a = get-formatdata
    
    C:\PS> import-module bitstransfer
    C:\PS> $b = get-formatdata
    C:\PS> compare-object $a $b
    
    InputObject                                                SideIndicator
    -----------                                                -------------
    Microsoft.BackgroundIntelligentTransfer.Management.BitsJob =>
    
    C:\PS> get-formatdata *bits* | export-formatdata -filepath c:\test\bits.form
    at.ps1xml
    
    C:\PS> get-content c:\test\bits.format.ps1xml
    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><Configuration><ViewDefinitions>
    <View><Name>Microsoft.BackgroundIntelligentTransfer.Management.BitsJob</Name>
    ...
    
    説明
    -----------
    この例は、Get-FormatData および Export-FormatData を使用して、モジュールによ
    って追加された書式設定データをエクスポートする方法を示しています。
    
    最初の 4 つのコマンドは、BitsTransfer モジュールによってセッションに追加され
    た書式型を、Get-FormatData、Import-Module、および Compare-Object の各コマンド
    レットを使用して識別します。
    
    5 番目のコマンドは Get-FormatData コマンドレットを使用して、BitsTransfer モジ
    ュールによって追加された書式型を取得します。書式型のオブジェクトは、パイプラ
    イン演算子 (|) を介して Export-FormatData コマンドレットに送られ、再び XML に
    変換されて、指定された format.ps1xml ファイルに保存されます。
    
    最後のコマンドは、format.ps1xml ファイルの内容 (抜粋) を表示します。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144303
    Export-FormatData 
    Update-FormatData 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Get-FormatData
ご利用数: 1918624
感想・要望・問い合わせは こちら