PowerShell Cmdlet - Get-Culture
 記事記号:[mf1964] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Get-Culture
    
概要
    オペレーティング システムに現在設定されているカルチャを取得します。
    
構文
    Get-Culture [<CommonParameters>]
    
説明
    Get-Culture コマンドレットは、現在のカルチャ設定に関する情報を取得します。情
    報には、キーボード配列のようなシステムの現在の言語設定や、数値、通貨、日付な
    どの表示形式に関する情報があります。
    
    Get-UICulture コマンドレットを使用して、システムの現在のユーザー インターフ
    ェイス カルチャを取得することもできます。ユーザー インターフェイス (UI) カル
    チャは、メニューやメッセージなどのユーザー インターフェイス要素にどのテキス
    ト文字列を使用するかを指定します。
    
パラメーター
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    なし
        パイプを使用してこのコマンドレットに入力を渡すことはできません。
    
出力
    System.Globalization.CultureInfo
        Get-Culture は、現在のカルチャを表すオブジェクトを返します。
    
メモ
        $PsCulture 変数および $PsUICulture 変数を使用することもできます。$PsCult
        ure 変数には現在のカルチャ名が、$PsUICulture 変数には現在の UI カルチャ
        名が保存されます。
        
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>get-culture
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、コンピューターの地域設定に関する情報を表示します。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>$c = get-culture
    
    C:\PS> $c | format-list -property *
    
    Parent                         : en
    LCID                           : 1033
    KeyboardLayoutId               : 1033
    Name                           : en-US
    IetfLanguageTag                : en-US
    DisplayName                    : English (United States)
    NativeName                     : English (United States)
    EnglishName                    : English (United States)
    TwoLetterISOLanguageName       : en
    ThreeLetterISOLanguageName     : eng
    ThreeLetterWindowsLanguageName : ENU
    CompareInfo                    : CompareInfo - 1033
    TextInfo                       : TextInfo - 1033
    IsNeutralCulture               : False
    CultureTypes                   : SpecificCultures, InstalledWin32Cultures, F
                                     rameworkCultures
    NumberFormat                   : System.Globalization.NumberFormatInfo
    DateTimeFormat                 : System.Globalization.DateTimeFormatInfo
    Calendar                       : System.Globalization.GregorianCalendar
    OptionalCalendars              : {System.Globalization.GregorianCalendar, Sy
                                     stem.Globalization.GregorianCalendar}
    UseUserOverride                : True
    IsReadOnly                     : False
    
    C:\PS> $c.calendar
    
    MinSupportedDateTime : 1/1/0001 12:00:00 AM
    MaxSupportedDateTime : 12/31/9999 11:59:59 PM
    AlgorithmType        : SolarCalendar
    CalendarType         : Localized
    Eras                 : {1}
    TwoDigitYearMax      : 2029
    IsReadOnly           : False
    
    C:\PS> $c.datetimeformat
    
    AMDesignator                     : AM
    Calendar                         : System.Globalization.GregorianCalendar
    DateSeparator                    : /
    FirstDayOfWeek                   : Sunday
    CalendarWeekRule                 : FirstDay
    FullDateTimePattern              : dddd, MMMM dd, yyyy h:mm:ss tt
    LongDatePattern                  : dddd, MMMM dd, yyyy
    LongTimePattern                  : h:mm:ss tt
    MonthDayPattern                  : MMMM dd
    PMDesignator                     : PM
    RFC1123Pattern                   : ddd, dd MMM yyyy HH':'mm':'ss 'GMT'
    ShortDatePattern                 : M/d/yyyy
    ShortTimePattern                 : h:mm tt
    SortableDateTimePattern          : yyyy'-'MM'-'dd'T'HH':'mm':'ss
    TimeSeparator                    : :
    UniversalSortableDateTimePattern : yyyy'-'MM'-'dd HH':'mm':'ss'Z'
    YearMonthPattern                 : MMMM, yyyy
    AbbreviatedDayNames              : {Sun, Mon, Tue, Wed...}
    ShortestDayNames                 : {Su, Mo, Tu, We...}
    DayNames                         : {Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday...}
    AbbreviatedMonthNames            : {Jan, Feb, Mar, Apr...}
    MonthNames                       : {January, February, March, April...}
    IsReadOnly                       : False
    NativeCalendarName               : Gregorian Calendar
    AbbreviatedMonthGenitiveNames    : {Jan, Feb, Mar, Apr...}
    MonthGenitiveNames               : {January, February, March, April...}
    
    C:\PS> $c.datetimeformat.firstdayofweek
    Sunday
    
    説明
    -----------
    この例では、カルチャ オブジェクトのデータを数多く紹介します。ここでは、オブ
    ジェクトのプロパティおよびサブプロパティの表示方法を示しています。
    
    最初のコマンドは、Get-Culture コマンドレットを使用して、コンピューター上の現
    在のカルチャ設定を取得します。これによって、結果のカルチャ オブジェクトが $c 
    変数に保存されます。
    
    2 番目のコマンドは、カルチャ オブジェクトのすべてのプロパティを表示します。
    このコマンドはパイプライン演算子 (|) を使用して、変数 $c のカルチャオブジェ
    クトを Format-List コマンドレットに送信します。Property パラメーターを使用し
    て、オブジェクトのプロパティをすべて (*) 表示します (このコマンドは「$c | fl 
    *」と短縮することができます)。
    
    続くコマンドは、ドット表記法を使用してカルチャ オブジェクトのプロパティを探
    し、オブジェクトのプロパティ値を表示します。この表記法を使用すると、オブジェ
    クトのどのプロパティでも値を表示することができます。
    
    3 番目のコマンドは、ドット表記法を使用して、カルチャ オブジェクトの Calendar 
    プロパティの値を表示します。
    
    4 番目のコマンドは、ドット表記法を使用して、カルチャ オブジェクトの DateTime
    Format プロパティの値を表示します。
    
    オブジェクト プロパティの多くは、さらにその中にプロパティを持っています。5 
    番目のコマンドは、ドット表記法を使用して、DateTimeFormat プロパティの FirstD
    ayOfWeek プロパティの値を表示します。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113312
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Get-Culture
ご利用数: 1973224
感想・要望・問い合わせは こちら