PowerShell Cmdlet - Get-AuthenticodeSignature
 記事記号:[mf1957] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Get-AuthenticodeSignature
    
概要
    ファイルの Authenticode 署名に関する情報を取得します。
    
構文
    Get-AuthenticodeSignature [-FilePath] <string[]> [<CommonParameters>]
    
説明
    Get-AuthenticodeSignature コマンドレットは、ファイルの Authenticode 署名に関
    する情報を取得します。ファイルが署名されていない場合、情報は取得されますが、
    フィールドは空白になります。
    
パラメーター
    -FilePath <string[]>
        調べるファイルのパスを指定します。ワイルドカードが使用可能ですが、単一の
        ファイルをポイントする必要があります。パラメーター名 ("FilePath") は省略
        可能です。
        
        必須                         true
        位置                         1
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   true (ByValue, ByPropertyName)
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    System.String
        パイプを使用してファイル パスを含む文字列を Get-AuthenticodeSignature に
        渡すことができます。
    
出力
    System.Management.Automation.Signature
        Get-AuthenticodeSignature は、取得する各署名の署名オブジェクトを返します。
    
メモ
        Windows PowerShell の Authenticode 署名の詳細については、「about_Signing」
        を参照してください。
    
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>get-AuthenticodeSignature -filepath C:\Test\NewScript.ps1
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、NewScript.ps1 ファイルの Authenticode 署名に関する情報を取得
    します。FilePath パラメーターを使用してファイルを指定します。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>get-authenticodesignature test.ps1, test1.ps1, sign-file.ps1, makexml.
    ps1
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、コマンド ラインに一覧表示される 4 つのファイルの Authenticod
    e 署名に関する情報を取得します。このコマンドでは、FilePath パラメーターの名
    前はオプションであるため、省略されています。
    
    -------------------------- 例 3 --------------------------
    
    C:\PS>get-childitem $pshome\*.* | foreach-object {Get-AuthenticodeSignature $
    _} | where {$_.status -eq "Valid"}
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、$pshome ディレクトリ内の有効な Authenticode 署名を持つすべて
    のファイルを一覧表示します。$pshome 自動変数には、Windows PowerShell のインス
    トール ディレクトリのパスが含まれます。
    
    コマンドは、Get-ChildItem コマンドレットを使用して、$pshome ディレクトリのフ
    ァイルを取得します。また、*.* というパターンを使用してディレクトリを除外して
    います (ただし、ファイル名にドットが含まれないファイルも除外されます)。
    
    コマンドは、パイプライン演算子 (|) を使用して、$pshome 内のファイルを Foreach
    -Object コマンドレットに送信します。このコマンドレットでは、各ファイルについ
    て Get-AuthenticodeSignature が呼び出されます。
    
    Get-AuthenticodeSignature コマンドの結果は、"Valid" というステータスを持つ署
    名オブジェクトのみを選択する Where-Object コマンドに送信されます。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113307
    about_Signing 
    about_Execution_Policies 
    Set-AuthenticodeSignature 
    Get-ExecutionPolicy 
    Set-ExecutionPolicy 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Get-AuthenticodeSignature
ご利用数: 1976874
感想・要望・問い合わせは こちら