PowerShell Cmdlet - Disable-PSSessionConfiguration
 記事記号:[mf1932] 初版:2011/Sep/30

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Disable-PSSessionConfiguration
    
概要
    ローカル コンピューター上のセッション構成へのアクセスを拒否します。
    
構文
    Disable-PSSessionConfiguration [[-Name] <string[]>] [-Force] [-Confirm] [-Wh
    atIf] [<CommonParameters>]
    
説明
    Disable-PSSessionConfiguration コマンドレットを実行すると、1 セッションの間、
    コンピューターのどのユーザーもセッション構成を使用できなくなります。これは、
    システム管理者がユーザーの代わりにカスタマイズされたセッション構成を管理する
    ために使用する高度なコマンドレットです。
    
    Disable-PSSessionConfiguration コマンドレットは、1 つまたは複数の登録済みセ
    ッション構成のセキュリティ記述子に "deny all" 設定を追加します。その結果、セ
    ッション構成の登録解除、表示、および変更が可能になりますが、セッション構成を
    セッションで使用することはできません。
    
    パラメーターを指定しないで Disable-PSSessionConfiguration を実行すると、セッ
    ションで使用される既定の構成である Microsoft.PowerShell 構成が無効になります。
    ユーザーが別の構成を指定しない限り、ローカル ユーザーとリモート ユーザーのい
    ずれも、このコンピューターに接続するセッションを一切作成できなくなります。
    
    コンピューターに保存されているセッション構成をすべて無効にするには、Disable-P
    SRemoting を使用します。
    
パラメーター
    -Force [<SwitchParameter>]
        ユーザー プロンプトをすべて非表示にします。既定では、各操作を確認するよう
        求めるメッセージが表示されます。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       False
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Name <string[]>
        無効にするセッション構成の名前を指定します。1 つ以上の構成名を入力します。
        ワイルドカードを使用できます。パイプを使用して、構成名が含まれた文字列ま
        たはセッション構成オブジェクトを Disable-PSSessionConfiguration に渡すこ
        ともできます。
        
        このパラメーターを省略した場合、Disable-PSSessionConfiguration は、Micro
        soft.PowerShell セッション構成を無効にします。
        
        必須                         false
        位置                         1
        既定値                       Microsoft.PowerShell
        パイプライン入力を許可する   true (ByValue, ByPropertyName)
        ワイルドカード文字を許可する true
        
    -Confirm [<SwitchParameter>]
        コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -WhatIf [<SwitchParameter>]
        実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    Microsoft.PowerShell.Commands.PSSessionConfigurationCommands#PSSessionConfig
    uration、System.String
        パイプを使用して、セッション構成オブジェクトまたはセッション構成の名前が
        含まれた文字列を Disable-PSSessionConfiguration に渡すことができます。
    
出力
    None
        このコマンドレットはオブジェクトを返しません。
    
メモ
        Windows Vista、Windows Server 2008、およびそれ以降のバージョンの Windows 
        でこのコマンドレットを実行するには、Windows PowerShell を起動する際に [
        管理者として実行] を指定する必要があります。
        
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    
    C:\PS>Disable-PSSessionConfiguration
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、Microsoft.PowerShell セッション構成を無効にします。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    
    C:\PS>disable-pssessionConfiguration -name *
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、コンピューターに保存されている登録済みセッション構成をすべて
    無効にします。
    
    -------------------------- 例 3 --------------------------
    
    C:\PS>disable-pssessionConfiguration -name Microsoft* -force
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、名前が "Microsoft" で始まるセッション構成をすべて無効にします。
    また、Force パラメーターを使用して、このコマンドからのユーザー プロンプトをす
    べて非表示にします。
    
    -------------------------- 例 4 --------------------------
    
    C:\PS>Get-PSSessionConfiguration -name MaintenanceShell, AdminShell | Disabl
    e-PSSessionConfiguration
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、MaintenanceShell と AdminShell の各セッション構成を無効にしま
    す。
    
    また、パイプライン演算子 (|) を使用して、Get-PSSessionConfiguration コマンド
    の結果を Disable-PSSessionConfiguration に送ります。
    
    -------------------------- 例 5 --------------------------
    
    C:\PS>Get-PSSessionConfiguration | format-table -property Name, Permission 
    -auto
    
    Name                   Permission
    ----                   ----------
    MaintenanceShell       BUILTIN\Administrators AccessAllowed
    microsoft.powershell   BUILTIN\Administrators AccessAllowed
    microsoft.powershell32 BUILTIN\Administrators AccessAllowed
    
    C:\PS> Disable-PSSessionConfiguration -name MaintenanceShell -force
    
    C:\PS> Get-PSSessionConfiguration | format-table -property Name, Permission 
    -auto
    
    Name                   Permission
    ----                   ----------
    MaintenanceShell       Everyone AccessDenied, BUILTIN\Administrators AccessA
                           llowed
    microsoft.powershell   BUILTIN\Administrators AccessAllowed
    microsoft.powershell32 BUILTIN\Administrators AccessAllowed
    
    C:\PS> Set-PSSessionConfiguration -name MaintenanceShell -MaximumReceivedDat
    aSizePerCommandMB 60
    
    ParamName            ParamValue
    ---------            ----------
    psmaximumreceived... 60
    
    "Restart WinRM service"
    WinRM service need to be restarted to make the changes effective. Do you wan
    t to run the command "restart-service winrm"?
    [Y] Yes  [N] No  [S] Suspend  [?] Help (default is "Y"): y
    
    C:\PS> new-pssession -computername localhost -configurationName MaintenanceS
    hell
    
    [localhost] Connecting to remote server failed with the following error mess
    age : Access is denied. For more information, see the about_Remote_Troublesh
    ooting Help topic.
        + CategoryInfo          : OpenError: (System.Manageme....RemoteRunspace:
                                  RemoteRunspace) [], PSRemotingTransport
    Exception
        + FullyQualifiedErrorId : PSSessionOpenFailed
    
    説明
    -----------
    この例は、セッション構成を無効にしたときの結果を示しています。
    
    最初のコマンドは、Get-SessionConfiguration コマンドレットと Format-Table コマ
    ンドレットを使用して、セッション構成オブジェクトの Name プロパティと Permissi
    on プロパティだけを表示します。この表形式によって、オブジェクトの値を確認しや
    すくなります。コマンドの結果には、Administrators グループのメンバーがセッショ
    ン構成の使用を許可されていることが示されます。
    
    2 番目のコマンドは、Disable-PSSessionConfiguration コマンドレットを使用して、
    MaintenanceShell セッション構成を無効にします。また、Force パラメーターを使用
    して、ユーザー プロンプトをすべて非表示にします。
    
    3 番目のコマンドは最初のコマンドを繰り返します。コマンドの結果には、Maintenan
    ceShell セッション構成へのアクセスが全ユーザーに対して拒否されているにもかか
    わらず、このセッション構成を表すオブジェクトを引き続き取得できることが示され
    ます。"AccessDenied" エントリは、セキュリティ記述子の他のどのエントリよりも優
    先されます。
    
    4 番目のコマンドは、Set-PSSessionConfiguration コマンドレットを使用して、Main
    tenanceShell セッション構成の MaximumDataSizePerCommandMB 設定を 60 に増加し
    ます。コマンドの結果には、セッション構成へのアクセスが全ユーザーに対して拒否
    されているにもかかわらず、コマンドが正常に実行されたことが示されます。
    
    5 番目のコマンドは、セッションにおける MaintenanceShell セッション構成の使用
    を試行します。このコマンドは、New-PSSession コマンドレットを使用して新しいセ
    ッションを作成し、ConfigurationName パラメーターを使用して MaintenanceShell 
    構成を指定します。実行結果には、ユーザーがセッション構成に対するアクセスを拒
    否されたため、New-PSSession コマンドの実行が失敗したことが示されます。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144299
    about_Session_Configurations 
    Enable-PSSessionConfiguration 
    Get-PSSessionConfiguration 
    Register-PSSessionConfiguration 
    Set-PSSessionConfiguration 
    Unregister-PSSessionConfiguration 
    WS-Management Provider 
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Cmdlet、Disable-PSSessionConfiguration
ご利用数: 1969058
感想・要望・問い合わせは こちら