PowerShell HelpFile - about_WS-Management_Cmdlets
 記事記号:[me1598] 初版:2011/May/10

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

トピック
    about_WS-Management_Cmdlets

簡易説明
    Windows PowerShell で Web Services for Management (WS-Management)
    のコマンドレットを使用するための背景知識として WS-Management の概要を説明
    します。

詳細説明
    ここでは、Windows PowerShell で Web Services for Management 
    (WS-Management) のコマンドレットを使用するための背景知識として 
    WS-Management の概要を説明します。また、WS-Management の詳細情報へのリンク
    もあります。マイクロソフトが実装した WS-Management は、Windows Remote 
    Management (WinRM) とも呼ばれています。

  WS-Management について

      Windows Remote Management は、WS-Management プロトコルをマイクロソフト
      が実装したものです。WS-Management プロトコルとは、さまざまなベンダーの
      ハードウェアとオペレーティング システムの相互運用を可能にする、SOAP を
      ベースとするファイアウォール互換の標準通信プロトコルです。WS-Management
      プロトコルの仕様により、システムによる管理情報のアクセス方法および交換
      方法が IT インフラストラクチャ全体で共通化されます。WS-Management、
      Intelligent Platform Management Interface (IPMI)、およびイベント 
      コレクターは、Windows ハードウェア管理機能のコンポーネントです。

      WS-Management プロトコルは、HTTPS、SOAP over HTTP (WS-I プロファイル)、
      SOAP 1.2、WS-Addressing、WS-Transfer、WS-Enumeration、および 
      WS-Eventing という標準の Web サービス仕様に基づいています。

  WS-Management と WMI

      WS-Management を使用して、Windows Management Instrumentation (WMI)
      によって公開されているデータを取得できます。WMI データを取得するには、
      WS-Management スクリプト API を使用するスクリプトまたはアプリケーショ
      ン、あるいは WinRM コマンド ライン ツールを使用します。WS-Management 
      では、埋め込まれたオブジェクトなど、使い慣れた WMI クラスと操作の大半が
      サポートされています。WS-Management では、WMI を利用して、リソースに関する
      データを収集したり、Windows ベースのコンピューターでリソースを管理したり
      できます。つまり、既存の一連の WMI クラスを使用して、エンタープライズ内
      のディスク、ネットワーク アダプター、サービス、プロセスなどのオブジェクト
      に関するデータを取得できます。また、WMI の標準の IPMI プロバイダーから
      入手できるハードウェア データにアクセスすることもできます。

  Windows PowerShell の WS-Management プロバイダー

      WS-Management プロバイダーでは、利用可能な WS-Management の構成設定の
      階層構造が表示されます。このプロバイダーを使用すると、WS-Management の
      さまざまな構成オプションを調べたり、設定したりできます。

                 
  WS-Management の構成

      WS-Management がインストールおよび構成されていない場合、Windows 
      PowerShell リモート処理の利用、WS-Management コマンドレットの実行、
      WS-Management スクリプトの実行、および WS-Management プロバイダーによる
      データ操作の実行はできません。また、WS-Management コマンド ライン ツール、
      WinRM、およびイベント転送も、WS-Management の構成に影響を受けます。

  WS-Management コマンドレット

      Windows PowerShell では、一連のコマンドレットと WS-Management プロバイ
      ダーを含むモジュールを通じて WS-Management 機能が実装されます。
      これらのコマンドレットを使用して、ローカル コンピューターまたはリモート 
      コンピューター上で WS-Management の設定を管理するために必要なすべての
      タスクを完了させることができます。
 
      次の WS-Management コマンドレットを利用できます。

     接続関連のコマンドレット

     -- Connect-WSMan: ローカル コンピューターをリモート コンピューター上の 
          WS-Management (WinRM) サービスに接続します。

     -- Disconnect-WSMan: ローカル コンピューターをリモート コンピューター上の 
          WS-Management (WinRM) サービスから切断します。

     データ管理関連のコマンドレット

     -- Get-WSManInstance: リソース URI で指定されたリソース インスタンスの
          管理情報を表示します。

     -- Invoke-WSManAction: リソース URI およびセレクターで指定された対象オブ
          ジェクトに対して処理を実行します。

     -- New-WSManInstance: 管理リソースの新しいインスタンスを作成します。

     -- Remove-WSManInstance: 管理リソースのインスタンスを削除します。

     -- Set-WSManInstance: リソースに関連する管理情報を変更します。
 
     設定および構成関連のコマンドレット

     -- Set-WSManQuickConfig: ローカル コンピューターをリモート管理用に構成し
          ます。Set-WSManQuickConfig コマンドレットを使用すると、WS-Management 
          (WinRM) サービスへのリモート接続を許可するように WS-Management を
          構成できます。Set-WSManQuickConfig コマンドレットは次の操作を実行し
          ます。
     
     
	
	- WS-Management (WinRM) サービスが実行されているかどうかを判別する。
                 WinRM サービスが実行されていない場合は、Set-WSManQuickConfig 
                 コマンドレットによってサービスが開始されます。

	- WS-Management (WinRM) サービスのスタートアップの種類を [自動] に
                 設定する。

	- 任意の IP アドレスから要求を受け入れるリスナーを作成する。既定の
                 トランスポート プロトコルは、HTTP です。

	- WS-Management トラフィックのファイアウォール例外を有効にする。
	
	注: Windows Vista、Windows Server 2008、およびそれ以降のバージョンの 
        Windows でこのコマンドレットを実行するには、Windows PowerShell を起動
        する際に [管理者として実行] を指定する必要があります。

     -- Test-WSMan: WS-Management がインストールおよび構成されているかどう
          かを確認します。Test-WSMan コマンドレットでは、ローカル コンピューター
          またはリモート コンピューター上で WS-Management (WinRM) サービスが実行
          および構成されているかどうかをテストします。

     -- Disable-WSManCredSSP: クライアント コンピューターの CredSSP 認証を無効
         にします。

     -- Enable-WSManCredSSP: クライアント コンピューターの CredSSP 認証を有効に
         します。
 
     -- Get-WSManCredSSP: クライアント コンピューターの CredSSP 関連の構成を
         取得します。

     WS-Management 固有のコマンドレット

     -- New-WSManSessionOption: WS-Management コマンドレットの 1 つまたは複数
         のパラメーターの入力として使用する WSManSessionOption オブジェクトを作成
         します。

    
  WS-Management の追加情報
   
    WS-Management の詳細については、次に示す MSDN (Microsoft Developer Network)
    
    ライブラリのトピックを参照してください。
 
      「Windows リモート管理 (英語ページの可能性があります)」
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=142321
    
      「Windows リモート管理について (英語ページの可能性があります)」
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=142322

      「Windows リモート管理のインストールおよび構成 (英語ページの可能性があります)」
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=142323

      「Windows リモート管理のアーキテクチャ (英語ページの可能性があります)」
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=142324

      「WS-Management プロトコル (英語ページの可能性があります)」
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=142325

      「Windows リモート管理と WMI (英語ページの可能性があります)」
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=142326

      「リソース URI (英語ページの可能性があります)」
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=142327

      「ハードウェアのリモート管理 (英語ページの可能性があります)」
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=142328

      「イベント (英語ページの可能性があります)」
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=142329

関連項目
    オンライン バージョン: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=142331
    Connect-WSMan
    Disable-WSManCredSSP
    Disconnect-WSMan
    Enable-WSManCredSSP
    Get-WSManCredSSP
    Get-WSManInstance
    Invoke-WSManAction
    New-WSManInstance
    Remove-WSManInstance
    Set-WSManInstance
    Set-WSManQuickConfig
    Set-WSManSessionOption 
    Test-WSMan
 
キーワード
    about_WSMAN about_WinRM
    	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、HelpFile、about_WS-Management_Cmdlets
ご利用数: 1914053
感想・要望・問い合わせは こちら