PowerShell HelpFile - about_Path_Syntax
 記事記号:[me1554] 初版:2011/May/10

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

トピック
    about_Path_Syntax

簡易説明
    Windows PowerShell における完全パス名形式と相対パス名形式について説明します。
 
詳細説明
    Windows PowerShell プロバイダーを介してアクセスできるデータ ストア内の
    すべての項目は、そのパス名によって一意に識別できます。パス名は、項目名、
    項目が配置されているコンテナーとサブコンテナー、およびコンテナーに
    アクセスするための Windows PowerShell ドライブを組み合わせたものです。

    Windows PowerShell では、パス名は、完全修飾パス名と相対パス名のいずれかに
    分けられます。完全修飾パス名は、パスを形成するすべての要素で構成されます。
    次の構文は、完全修飾パス名の構成要素を示しています。

        [<provider>::]<drive>:[\<container>[\<subcontainer>...]]\<item>

    <provider> プレースホルダーには、データ ストアにアクセスするための 
    Windows PowerShell プロバイダーを指定します。たとえば、FileSystem 
    プロバイダーを使用すると、コンピューター上のファイルとディレクトリに
    アクセスできます。ドライブ名はすべてのプロバイダーを通じて一意なので、
    この構文要素は省略可能であり、必須ではありません。

    <drive> プレースホルダーには、特定の Windows PowerShell プロバイダーで
    サポートされている Windows PowerShell ドライブを指定します。FileSystem 
    プロバイダーの場合、Windows PowerShell ドライブは、システム上に構成されている 
    Windows ドライブにマップされます。たとえば、システムに A: ドライブと 
    C: ドライブがある場合、FileSystem プロバイダーによって Windows PowerShell 
    に同じドライブが作成されます。

    ドライブを指定した後、項目を含むすべてのコンテナーとサブコンテナーを指定
    する必要があります。コンテナーは、データ ストア内での階層順に指定する必要
    があります。つまり、最初に親コンテナーを指定し、その後で、その親に含まれる
    子コンテナーを指定します。さらに、各コンテナーの前にバックスラッシュを付け
    る必要があります (Windows PowerShell では、他の PowerShell との互換性を保
    つためにスラッシュを使用できます)。

    コンテナーとサブコンテナーを指定したら、バックスラッシュで始まる項目名を指定
    します。たとえば、C:\Windows\System32 ディレクトリにある Shell.dll の完全修
    飾パス名は次のようになります。

        C:\Windows\System32\Shell.dll

    この場合、コンテナーにアクセスするためのドライブが C: ドライブ、トップレベル 
    コンテナーが Windows、サブコンテナーが System32 (Windows コンテナー内部に配置
    されています) であり、項目が Shell.dll となります。

    場合によっては、完全修飾パス名を指定する代わりに、相対パス名を使用できます。
    相対パス名は、現在の作業場所を基準にします。Windows PowerShell では、現在の
    作業場所を基準とする相対的な場所を使用して、項目を特定できます。相対パス名は、
    特殊文字を使用して指定できます。次の表に、特殊文字の説明、および相対パス名と
    完全修飾パス名の例を示します。表に挙げる例は、現在の作業ディレクトリ 
    (C:\Windows) を基準にしています。

    記号   説明                       相対パス          完全修飾パス
    ------ -------------------------- ----------------  ------------------
    .      現在の作業場所             .\System          c:\Windows\System
    ..     現在の作業場所の親         ..\Program Files  c:\Program Files
    \      現在の作業場所の           \Program Files    c:\Program Files
           ドライブ ルート
    [なし]特殊文字なしSystemc:\Windows\System

    コマンド内でパス名を使用する場合は、完全修飾パス名または相対パス名を使用
    する場合と同様にその名前を入力します。たとえば、現在の作業ディレクトリが 
    C:\Windows であるとします。次の Get-ChildItem コマンドは、C:\Techdocs 
    ディレクトリ内のすべての項目を取得します。

        Get-ChildItem \techdocs

    バックスラッシュは、現在の作業場所のドライブ ルートを使用することを示してい
    ます。作業ディレクトリは C:\Windows なので、ドライブ ルートは C: ドライブで
    す。techdocs ディレクトリはルートの直下に配置されているので、バックスラッシ
    ュを指定するだけで済みます。

    次のコマンドを使用しても同じ結果が得られます。

        Get-ChildItem c:\techdocs

    完全修飾パス名と相対パス名のどちらを使用している場合でも、パス名は重要です。
    これは、パス名によって、項目を特定できるだけでなく、項目が別のコンテナー内の
    項目と同じ名前を共有している場合でも、その項目を一意に識別できるためです。
    
    たとえば、Results.txt という名前のファイルが 2 つ存在するとします。最初のフ
    ァイルは C:\Techdocs\Jan という名前のディレクトリにあり、2 番目のファイルは 
    C:\Techdocs\Feb という名前のディレクトリにあります。最初のファイルのパス名 
    (C:\Techdocs\Jan\Results.txt) と 2 番目のファイルのパス名 (C:\Techdocs\Feb\R
    esults.txt) によって、この 2 つのファイルを明確に区別できます。


関連項目
    about_Locations
	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、HelpFile、about_Path_Syntax
ご利用数: 1858282
感想・要望・問い合わせは こちら