PowerShell Alias - clhy
 記事記号:[mdAc86] 初版:2010/Dec/28

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Clear-History
    
概要
    コマンド履歴からエントリを削除します。
    
構文
    Clear-History [[-Id] <Int32[]>] [[-Count] <int>] [-Newest] [-Con
    firm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]
    
    Clear-History [[-Count] <int>] [-CommandLine <string[]>] [-Newes
    t] [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]
    
説明
    Clear-History コマンドレットはコマンド履歴からコマンドを削除します。コマンド
    履歴とは、現在のセッション中に入力されたコマンドの一覧のことです。
    
    パラメーターが指定されていない場合、Clear-History はセッション履歴からすべて
    のコマンドを削除しますが、Clear-History のパラメーターを使用して選択したコマ
    ンドを削除することもできます。
    
パラメーター
    -CommandLine <string[]>
        指定されたテキスト文字列を含むコマンドを削除します。複数の文字列が入力さ
        れた場合、Clear-History はいずれかの文字列を含むコマンドを削除します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する true
        
    -Count <int>
        履歴内の最も古いエントリから順に、指定された数の履歴エントリをクリアしま
        す。
        
        Count パラメーターおよび ID パラメーターを同じコマンド内で使用した場合、
        コマンドレットは、ID パラメーターに指定されたエントリから順に、Count パ
        ラメーターに指定された数のエントリをクリアします。たとえば、Count が 10 
        で ID が 30 の場合は、Clear-History は 21 から 30 までの項目をクリアしま
        す。
        
        Count パラメーターおよび CommandLine パラメーターを同じコマンド内で使用
        した場合、Clear-History は、CommandLine パラメーターに指定されたエントリ
        から順に、Count パラメーターに指定された数のエントリをクリアします。
        
        必須                         false
        位置                         2
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Id <Int32[]>
        指定された履歴 ID のコマンドを削除します。
        
        コマンドの履歴 ID を検索するには、Get-History を使用します。
        
        必須                         false
        位置                         1
        既定値                       なし
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Newest [<SwitchParameter>]
        履歴内にある最新のエントリを削除します。既定では、Clear-History は履歴内
        にある最も古いエントリを削除します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       False
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Confirm [<SwitchParameter>]
        コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -WhatIf [<SwitchParameter>]
        実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    None
        パイプを使用してオブジェクトを Clear-History に渡すことはできません。
    
出力
    None
        このコマンドレットは出力を生成しません。

メモ
        セッション履歴は、セッション中に入力されたコマンドの一覧です。履歴を表示
        したり、コマンドを追加および削除したり、履歴からコマンドを実行したりする
        ことができます。詳細については、「about_History」を参照してください。
        
        履歴からコマンドを削除しても、コマンド履歴内に残っている項目の履歴 ID は
        変更されません。
        
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    C:\PS>clear-history
    
    説明
    -----------
    セッション履歴からすべてのコマンドを削除します。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    C:\PS>clear-history -id 23, 25
    
    説明
    -----------
    履歴 ID が 23 および 25 のコマンドを削除します。

    -------------------------- 例 3 --------------------------
    C:\PS>clear-history -command *help*, *command
    
    説明
    -----------
    「help」を含むか、または「command」で終わるコマンドを削除します。
    
    -------------------------- 例 4 --------------------------
    C:\PS>clear-history -count 10 -newest
    
    説明
    -----------
    履歴から 10 個の最新のコマンドを削除します。
    
    -------------------------- 例 5 --------------------------
    C:\PS>clear-history -id 10 -count 3
    
    説明
    -----------
    ID 10 のエントリから順に、最も古い 3 個のコマンドを削除します。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135199
    about_History 
    Get-History 
    Add-History 
    Invoke-History 
	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Alias、clhy
ご利用数: 1858994
感想・要望・問い合わせは こちら