PowerShell Alias - rsnp
 記事記号:[mdAc32] 初版:2010/Dec/28

この文書は、Windows PowerShellのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

名前
    Remove-PSSnapin
    
概要
    Windows PowerShell スナップインを現在のセッションから削除します。
    
構文
    Remove-PSSnapin [-Name] <string[]> [-PassThru] [-Confirm] [-WhatIf] [
    <CommonParameters>]
    
説明
    Remove-PSSnapin コマンドレットは、Windows PowerShell スナップインを現在のセ
    ッションから削除します。Windows PowerShell に追加したスナップインは削除でき
    ますが、Windows PowerShell と同時にインストールされたスナップインの削除には
    使用できません。
    
    スナップインは、現在のセッションから削除した後も読み込まれた状態のままですが、
    そのスナップインのコマンドレットおよびプロバイダーはそのセッションで利用でき
    なくなります。

パラメーター
    -Name <string[]>
        現在のセッションから削除する Windows PowerShell スナップインの名前を指定
        します。パラメーター名 ("Name") は省略可能で、値にはワイルドカード文字 (
        *) を使用できます。
        
        必須                         true
        位置                         1
        既定値                       なし
        パイプライン入力を許可する   true (ByPropertyName)
        ワイルドカード文字を許可する true
        
    -PassThru [<SwitchParameter>]
        スナップインを表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットに
        よる出力はありません。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -Confirm [<SwitchParameter>]
        コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    -WhatIf [<SwitchParameter>]
        実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。
        
        必須                         false
        位置                         named
        既定値                       
        パイプライン入力を許可する   false
        ワイルドカード文字を許可する false
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、
        「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。
    
入力
    System.Management.Automation.PSSnapInInfo
        パイプを使用してスナップイン オブジェクトを Remove-PSSnapin に渡すこと
        ができます。
    
出力
    None または System.Management.Automation.PSSnapInInfo
        既定では、Remove-PsSnapin は出力を生成しません。ただし、PassThru パラメ
        ーターを使用した場合は、スナップインを表す System.Management.Automation.
        PSSnapInInfo オブジェクトが生成されます。
    
メモ
        Remove-PSSnapin は、組み込みエイリアスである "rsnp" で参照することもでき
        ます。詳細については、「about_Aliases」を参照してください。
        
        Remove-PSSnapin は、Windows PowerShell のバージョンを確認せずにスナップ
        インをセッションから削除します。スナップインを削除できない場合は警告が表
        示され、コマンドが失敗します。
        
        Remove-PSSnapin は、現在のセッションにのみ影響します。Add-PSSnapin コマ
        ンドを Windows PowerShell プロファイルに追加している場合、今後のセッショ
        ンからスナップインを削除するには、そのコマンドも削除する必要があります。
        方法については、「about_Profiles」を参照してください。
        
    -------------------------- 例 1 --------------------------
    C:\PS>remove-pssnapin -name Microsoft.Exchange
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、Microsoft.Exchange スナップインを現在のセッションから削除し
    ます。コマンドが完了すると、そのスナップインでサポートしていたコマンドレット
    とプロバイダーは現在のセッションで使用できなくなります。
    
    -------------------------- 例 2 --------------------------
    C:\PS>get-PSSnapIn smp* | remove-PSSnapIn
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、名前が "smp" で始まる Windows PowerShell スナップインを現在
    のセッションから削除します。
    
    このコマンドは、Get-PSSnapin コマンドレットを使用して、スナップインを表すオ
    ブジェクトを取得します。結果はパイプライン演算子 (|) によって Remove-PSSnapi
    n コマンドレットに渡され、セッションから削除されます。このスナップインでサポ
    ートするコマンドレットとプロバイダーはこのセッションで使用できなくなります。
    
    パイプを使用してオブジェクトを Remove-PSSnapin に渡すと、そのオブジェクト名
    が Name パラメーターと関連付けられます。この Remove-PsSnapin は Name プロパ
    ティを持つオブジェクトをパイプラインから受け取ります。
    
    -------------------------- 例 3 --------------------------
    C:\PS>remove-pssnapin -name *event*
    
    説明
    -----------
    このコマンドは、名前に "event" が含まれるすべての Windows PowerShell スナッ
    プインを削除します。このコマンドでは、"Name" パラメーター名を指定しています
    が、このパラメーター名は省略可能です。
    
関連するリンク
    Online version: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113378
    Add-PSSnapin 
    Get-PSSnapin 
    about_Profiles 
	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: Windows PowerShell、ヘルプ、Alias、rsnp
ご利用数: 1918635
感想・要望・問い合わせは こちら