コマンド プロンプト DOSKEY
 記事記号:[mcA542] 初版:2010/May/10

この文書は、コマンド プロンプトのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

コマンド ラインの編集、Windows コマンドの再呼び出し、マクロの作成を行います。

DOSKEY [/REINSTALL] [/LISTSIZE=サイズ] [/MACROS[:ALL | :実行ファイル名]]
  [/HISTORY] [/INSERT | /OVERSTRIKE] [/EXENAME=実行ファイル名] 
  [/MACROFILE=ファイル名][マクロ名=[テキスト]]

  /REINSTALL               Doskey の新しいコピーを組み込みます。
  /LISTSIZE=サイズ         コマンド履歴バッファーのサイズを設定します。
  /MACROS                  すべての Doskey マクロを表示します。
  /MACROS:ALL              Doskey マクロを含むすべての実行可能ファイルの
                           すべての Doskey マクロを表示します。
  /MACROS:実行ファイル名   
                           指定した実行可能ファイルのすべての Doskey マクロを
                           表示します。
  /HISTORY                 メモリ内のすべてのコマンドを表示します。
  /INSERT                  入力したテキストが古いテキストに挿入されるように
                           指定します。
  /OVERSTRIKE              入力したテキストが古いテキストを上書きするように
                           指定します。
  /EXENAME=実行ファイル名  実行可能ファイルを指定します。
  /MACROFILE=ファイル名    作成するマクロ ファイル名を指定します。
  マクロ名                 作成するマクロ名を指定します。
  テキスト                 登録するコマンドを指定します。

上下方向キーはコマンドを再度呼び出します。Esc はコマンド ラインをクリア
します。F7 はコマンド履歴を表示します。Alt+F7 はコマンド履歴をクリアします。
F8 はコマンド履歴を検索します。F9 は数字によるコマンドを選択します。
Alt+F10 はマクロ定義をクリアします。

以下は、DOSKEY のマクロ定義で使用する特殊コードです:
$T     コマンド セパレーターです。マクロ中で複数のコマンドを定義できます。
$1-$9  バッチ パラメーターです。バッチ ファイル中の %1-%9 と同じ意味です。
$*     コマンド ライン上のマクロ名に続くテキストで置き換えられるシンボルです。
	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: コマンド プロンプト、ヘルプ、DOSKEY
ご利用数: 1862284
感想・要望・問い合わせは こちら