コマンド プロンプト SUBST
 記事記号:[mbA593] 初版:2010/May/10

この文書は、コマンド プロンプトのヘルプ機能で表示される内容を再構成したものです。

パスをドライブ名に関連付けます。

SUBST [ドライブ1: [ドライブ2:]パス]
SUBST ドライブ1: /D

  ドライブ1:        パスを割り当てる仮想ドライブを指定します。
  [ドライブ2:]パス  仮想ドライブに割り当てる物理ドライブとパスを指定します。
  /D                置換した (仮想) ドライブを削除します。

現在の仮想ドライブ一覧を表示するときは、パラメーターを指定せずに SUBST と
入力してください。
	
記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows 7
 キーワード: コマンド プロンプト、ヘルプ、SUBST
ご利用数: 1915752
感想・要望・問い合わせは こちら