表計算関数 列番号を返す (COLUMN)
 記事記号:[mb9436] 初版:2009/Apr/25

 列番号を返すには、表計算関数の COLUMN() を使用します。

Excel の場合
 セル入力: =COLUMN(参照先のセル)
 ※ 参照先のセルを省略すると式を入力しているセルの列番号か返されます。

OOo Calc の場合
 セル入力: =COLUMN(参照先のセル)
 ※ 入力は Excel と同じ。

記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows XP SP3  表計算ソフト: Microsoft Excel 2003
 基本ソフト: Windows Vista SP1  表計算ソフト: OpenOffice.org 3.0.0 Calc
 キーワード: 表計算関数、列番号を返す、COLUMN
ご利用数: 1971714
感想・要望・問い合わせは こちら