表計算関数 逆余弦 アークコサイン (ACOS)
 記事記号:[mb9316] 初版:2009/Mar/08

 逆三角関数の逆余弦、アークコサイン (arccosine) の計算をするには、表計算関数の ACOS() を使用します。COS() の計算結果は -1 < θ < 1 で与えられるため、引数は括弧()内に -1 < θ < 1 の範囲で入力します。計算結果の単位はラジアン (rad) のため値の読み取り時に注意が必要です。

Excel の場合
 セル入力: =ACOS()
 ※ 引数は -1 < θ < 1 の範囲で入力する必要があります。
 ※ 引数はセル参照で与えることが可能です。
 ※ 計算結果の角度の単位はラジアン (rad) で返されます。
 ※ 角度の単位を度 (°) で読み取りたい場合、180 (°) = Π (rad) のため、θ (°) で結果を得るには、θ/PI()*180 のように換算します。

OOo Calc の場合
 セル入力: =ACOS()
 ※ 入力は Excel と同じ。

記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows XP SP3  表計算ソフト: Microsoft Excel 2003
 基本ソフト: Windows Vista SP1  表計算ソフト: OpenOffice.org 3.0.0 Calc
 キーワード: 逆三角関数、逆余弦、アークコサイン、arccosine、インバースコサイン、inverse cosine、ACOS
ご利用数: 1858249
感想・要望・問い合わせは こちら