Windows 7 のラインナップ
 記事記号:[mb9204] 初版:2009/Feb/15

[注] この記事は、Windows 7 製品版発売前に書かれています。したがって未確定情報が含まれている場合があります。あらかじめご了承ください。

 次期 Windows OS となる Windows 7 のラインナップでは、以下の 6 エディションが用意される。
  ・Ultimate (全機能を含む)
  ・Enterprise (企業向けボリューム ライセンスのみ)
  ・Professional (企業向け)
  ・Home Premium (家庭向け)
  ・Home Basic (新興市場向け、日本国内販売予定なし)
  ・Starter (機能制限版、端末プリ インストールのみ)

 ネットブックなどの低スペック端末含め、現在販売されているパソコン端末では、Windows 7 Home Premium が作動するとされているので、一般的に使用する可能性のあるエディションは、Ultimate、Professional、Home Premium の 3 エディションに集約される。

 Windows 7 のラインナップと Windows Vista の一般的なラインナップを比較すると次のようになる。


Windows 7 Windows Vista
家庭用向け 企業向け
多機能 全機能利用 Ultimate Ultimate ----
企業向け Professional ---- Business
家庭向け Home Premium Home Premium ----
機能制限版 家庭向け ---- Home Basic ----

 Windows 7 で大きく変わることとして、企業向け Professional が Home Premium の完全上位エディションとなることが挙げられる。Windows Vista では、Business が Home Premium の機能の一部を提供していなかったため、Home Premium と Business の両方の機能を使用するためには、Ultimate が必要になっていた。しかし、Windows 7 では、Professional を選択することで、Home Premium の全機能が利用できることになる。

 なお、Windows 7 Ultimate では、Professional の機能のほか Enterprise で提供される機能も含めた全機能が搭載される。

ご利用数: 1856893
感想・要望・問い合わせは こちら