IME Caps Lock キーで「あ←→ A」切り替え
 記事記号:[ma9190] 初版:2009/Jan/11

 文字入力時、日本語入力と半角アルファベット入力を切り替えるのには一般的に [半角/全角] キーを使用しますが、事前に設定すれば [Caps Lock] キーでも可能です。一般的なパソコンでは必要ない機能かもしれませんが、ネットブックなどキーボード配列が特殊なパソコンでは便利な機能です。

設定方法
 IME のデフォルトでは [半角/全角] キーで、日本語入力 [あ] と半角アルファベット入力 [ A] を切り替えます。日本語入力状態で [Caps Lock] キーで、日本語入力 [あ] と全角アルファベット入力 [A] を切り替えます。

  [Caps Lock] キーを押したときに、全角アルファベット入力 [A] か半角アルファベット入力 [ A] かは前回の変換時の挙動によります。

  [Caps Lock] キーを押したときに、半角アルファベット入力 [ A] するには、たとえばメモ帳を使用して以下のようにします。
 日本語入力 [あ] 状態で「あ」[Caps Lock] キー「a」と入力、変換し半角の「a」で確定します。

  [Caps Lock] キーを押したときに、全角アルファベット入力 [A] するには、メモ帳を使用して以下のようにします。
 日本語入力 [あ] 状態で「あ」[Caps Lock] キー「a」と入力、変換し全角の「a」で確定します。

記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows Vista SP1
 アプリケーション: IME 10
ご利用数: 214265
感想・要望・問い合わせは こちら