建設土木辞典    パソコン メモ     単位換算   [文字サイズ A A A
パソコン メモ > 記事 > メールの簡単エクスポート | ホーム | 記事 | ヘルプ |

 メールの簡単エクスポート
 記事記号:[ka7c08] 初版:2007/Dec/30

 メールをためておくと、メール ソフトの作動がどんどん重たくなります。でも、バックアップの方法はよくわからないし、大量にあるメールの中から必要なメールだけ残して整理するのも大変だしとそのままになっていませんか?
 下の方法でメール ソフトから簡単にエクスポートできます。エクスポートすれば、1件のメールが1ファイルになるので管理も簡単になります。エクスポートしたファイルをダブルクリックすればメールソフトで開けますので、バックアップしたファイルを後から開いて確認することも可能です。

操作方法
 メール ソフトを開き、エクスポートしたいメールを選択する →
 ドラッグして、デスクトップまたはフォルダ ウィンドウにドロップ

 ※ 連続しないメールを同時に選択するときは [Ctrl] キーを押しながらメールをクリックします。
 ※ エクスポートすると件名がファイル名になり、拡張子は .eml になります。
 ※ 保存したファイルをメール ソフトへインポートするときは、上の方法の逆に、選択した .eml ファイルをメール ソフトにドラッグ、ドロップします。
 ※ エクスポートした後もメール ソフトにメールが残るので、不要な場合はメール ソフトに保存されているメールを削除します。
 ※ 以下の方法で、エクスポートしたファイルを後から開くことができます。
      .eml ファイルをダブル クリック(メール ソフトが起動しファイルを開きます)
      メール ソフトにファイルをインポートして開く

記事で解説しているパソコンの環境
 基本ソフト: Windows Vista
 メール ソフト: Windows メール (バージョン 6.0)
(C) 2017 ubweb.info | ご利用条件 | お問い合わせ | ヘルプ |